fc2ブログ

今はこれまでぞ。さらば、さらば。

2021年02月03日 18:01

911 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/03(水) 14:52:38.05 ID:Hr476j/4
吉村又右衛門は人の知りたる武勇の人である、と申されていた。

私(著者)が中国へ罷り下ろうとしていた頃、暇乞いとして、彼が夜中に来た。
「又いつ会えるか知れないから。」と言って、酒を飲んで過ごし、様々な事を心静かに語った。
そして「もう夜も深くなってしまった。では。」と言って帰ろうとし、私はそれを門の外まで送り、
「命あらば、又逢おう。」と言って立ち別れようとすると、吉村は名残惜しげに、私の手を取って
「今少し送れよ。」と言った。そこで二、三町ばかり語らいながら歩いていると、この時吉村は
こう語った。

「人が終わろうとする時、必ず一言を残すものだという。私は老いた。これは今生の御暇乞いである。
その方は年が若い。相かまえて、”つらくつなき”者からは遠ざかるように。尤も主人童僕であっても
その心得があるべきだが。貴人も賤しきも、人を知るという事を、心得るべきだ。

今はこれまでぞ。さらば、さらば。返すがえすも命あらば。」

そう言って立ち別れた。その時のことは、老後の今も忘れがたい。
眼にも耳にも残っている。

”つらくつなし”とは俗語で、例えば我儘で、異見も聴き入れないような、気儘な者の事を言うのだと理解している。

備前老人物語



912 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/03(水) 20:41:30.83 ID:cMyRziqo
吉村又右衛門さんって福島の家老から極限の貧乏に転落した人か
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    なんか、じーんとした。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    今と違って遠く離れたら二度と会えなかったり音信不通になることもままある時代だしな
    良い話だ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    本人が若い頃めんどくさくて我の強い武辺者だったところに思うところがあったのかなあ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12860-e15af234
この記事へのトラックバック