FC2ブログ

とりわけ『べい』『べら』と云うこそおかしけれ

2021年02月20日 18:09

591 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/20(土) 17:22:09.09 ID:0XyPLAi2
近年聞いたことである。
鈴木宗順という京の人が、江戸に下ってこのように云った

「関東は、聞いていたよりも、見ればいよいよ下国にて、よろず賤しい。
人は頑なに言葉が訛って、『なでう事なき』『よろこぼひて』などと片言ばかりを
云っているため、内容が聞きづらい。

拾遺和歌集に『東にて養われたる人の子は、舌だみてころ物は云いけれ』と詠ぜられている。
さてまた、宗碩が『片つ田舎は問はるるも憂し』と発句をしたところ、『何とかはだみたる聲の答へせん』と
宗長が付けた。宗長は生国関東の人(生国は駿河国島田とされる)なればなり。
『都人、問ふもはずかし舌だみて うきことわりを何と答へん』と詠んだのもげに理である。
とりわけ『べい』『べら』と云うこそおかしけれ。

これにつけても我が住み慣れし九重の都、さすが面白き境地である。人王五十代桓武天皇の御宇、
(延暦)十三年甲戌十月二十一日に、山城国愛宕郡に都を遷された、男女の育ち、尋常に、言葉
優しく有りけり。」

関東衆はこれを聞いて

「愚かなる都人の云うことである。国に入っては俗を問い、門に入っては諱を問う。これ皆定まった
礼である。知らぬ国に入り、その国の言葉を知らないのに、それを問わないのは道理に合わない。

孔子は生まれながら物を知る智者であった。その孔子も大廟に入って、祭りに與った時には、事々に
人に問うたとか。舜も大智の聖人にてましますけれども、よろすに物を人に聞かれた。
知っている上にも問うのが、智者の心である。

そして関東の諸侍は、昔から今に至るまで、仁義礼智信を専らとして、文武の二道を嗜まれた。
民百姓に至るまで、筆道を学び、文字に当たらない言葉は、あからさまにも唱えない。

この宗順は、文字般若(般若の道理と智慧とを、文字によって示したもの)に暗ければ、義般若にも
暗く、却って他を難じている。
文字は貫道の器である。器なくして善くこの道に達するという事が、どうして出来るだろうか。

されば伊勢物語に『よろこぼひて』と書かれているのは『喜びて』の事であり、『なでう事なき』とは
『させる事なき』という事である。
『べい』は『可(べし)』の字である。言葉のつながりによって『べし』とも『べら』とも云う。
古今集に『秋の夜の 月の光の清ければ 暗部の山も越えぬ「べら」なり』と詠まれている。

その上、『知って問うは礼なり』と、古人も申されている。ましてや知らずして他を難ずるのは
まさしく道理に合わない。」

と云った。

慶長見聞集

関東の訛りについてのやりとり



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    日本人の言葉の乱れは平安時代(しかも宮中)ですら清少納言がキレてるし、東国なんてなおさらだろうな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    言葉の乱れじゃなくて日本全国共通で通じる言葉が無かった時代だよ
    今のように標準語なるものを定めて教育とかしてないからね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    訛りだと思ってバカにしていたら古語の名残でしたというパターンがこれ

    金上盛備、めごい。
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3677.html

  4. 人間七七四年 | URL | -

    上洛する東北大名の使者は何かと教養あったり器用な印象がある

  5. 人間七七四年 | URL | -

    江戸時代まで生き残った東北大名はみんなその辺り目敏いところあるからな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    最近見た歴史バラエティ番組だったか?で武士言葉はある程度『標準語』としての機能を果たしていたって言ってたな。その武士階級の廃止にあたって、改めて誰でも喋れる標準語を作る必要性が出てきたんだとか。
    今書いてて思い出した、確か『チコちゃん』だわ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    その武家言葉も色んな言葉のミックスしたものらしいな
    地方の武士が中央に出向したところ「所々にウチの方言と同じ単語があった」と言ってたらしいし

  8. 人間七七四年 | URL | -

    文語は重要だったんだよな。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    蝸牛考見ても分かるように京から遠くなるほど古語は残るからね
    後、武家言葉は室町の能狂言の言葉が元になっているんじゃ無かったけ?
    能狂言は全国どこでも同じ言葉で演じられるから、一種の共通語になったんじゃないかな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    蝸牛考はあれはあれでボコボコに批判されてるが、周圏分布の法則を世に知らしめた功績はでかい。
    能狂言が共通語の母体になった説、ドイツにおける舞台ドイツ語みたいで面白いな。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※3にも書いてあるが、京由来の東北弁は少なくない
    元の言葉は違うが「いずい」なんてのもそう

    蝦夷が捕らえられ全国へ配されのちに戻されたり、鎌倉府のちょっかいにブチ切れた奥羽諸将が足利将軍家と結んだり
    千年単位で人材の流動があったわけで
    織豊~徳川の時代なんかもっと活発だし

  12. 人間七七四年 | URL | -

    雑兵物語、関東方言の話し言葉が残っている例だなあ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12884-fda0572c
この記事へのトラックバック