FC2ブログ

さらに心の許されぬ男である

2021年02月28日 17:04

617 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/02/28(日) 14:44:02.56 ID:uwKv/9gu
ある人の言ったことによると、信長公が明智に滅ぼされたのも、尤もな事であった。
その故は、この殿は心猛くして、智浅くあられた故に、後難を顧みず、人の悪行をてきめんに
宣われたこと度々であった。

ある時、家康公が信長にまみえられた時、松永弾正(久秀)がその座に有った。
家康公は松永に対し、礼譲を厚くされていたのを、信長は見られて

「いやいや、あの弾正は左様にあしらわれる者ではない。元来弾正はわずかなる小身の身であったのを、
三好が取り立て大身に成した。しかるに聊かの恨みを含み、旧恩を忘却して、たちまち謀反反逆を企て、
三好を滅ぼした。そうして天道に背きし故に、戦に利を失い、流浪の身と成って、今、我を頼んで
ここに来ている。されど、さらに心の許されぬ男である。」

そう、苦々しく宣われたため、松永は面目を失い顔を赤らめてそこに在った。
その恨みを思ったのか、公方(足利)義昭に御謀反を勧め、信長に敵対したが、微運によって
望みを遂げずして滅んだ。
明智も信長公に遺恨が有ったのだという。

これに聞きどころ有り、心を付くべきものなりと言う人がある。ただ人は、恨みを受けぬように
ありたきものであると言った。

備前老人物語



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この、久秀を「謀反反逆を企て三好を滅ぼした」とするのって、義継・三人衆と戦ったことを指してるのか、長慶の弟や嫡子を殺した説(噂)のことを指してるのか、義継と一緒に信長に降ったことを指してるのかいまいち分からん

  2. 人間七七四年 | URL | -

    謀反反逆はしとるし、結果として三好家は滅んでるし。
    言っていることは間違ってないわ
    ただ対面はひどす

  3. 人間七七四年 | URL | -

    謀叛を企てたといわれたら違うと言いたいが、三好を滅ぼしたのに手を貸したといわれたらまあその通りなんだよな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    義継サラッと見捨てて三好の傍流支援もせんだわな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12895-61cef476
この記事へのトラックバック