fc2ブログ

吉光の刀

2021年03月09日 18:36

620 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/03/09(火) 16:25:26.53 ID:rJk2FzJg
大阪夏の陣に於いて、石川主殿(忠総)の部隊が回収した名作の吉光の刀を、京都において
権現様(徳川家康)に献上した所、殊の外の御機嫌にて

「この刀は秀頼より明石掃部(全登)に授けられたものである。これを持った者を討ち取った時、
どのような様子であったのか」

とお尋ねに成ったため、この吉光の刀を取ってきた権太夫という者が急ぎ京都に召された。
しかし御問について「(明石掃部という人物は)見知り申さず候」との事であったので、その通りに
申し上げた。

その後、五、七年も過ぎた頃、台徳院様(徳川秀忠)の御咄に
「大阪で回収された吉光の刀は、明石掃部が所持していたものであった。その後、明石掃部の行方は
解らぬままであり、である以上、その時討ち果たされた者の中に有ったと考えるべきであるのだろうが、
あの刀を回収した主殿頭の者共は三河筋の者達で、上方の侍を見知らぬ故に、惣首数の内に押し込めて
しまったのだろう。」との上意であった。

『冬夏難波深秘録』



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    明石全登、仙台に逃亡して隠れキリシタンやってたのが派手に布教して、本人か子どもが摘発されたんじゃなかったっけ。
    と思ったら色んな説があるんだな。
    ttps://senjp.com/akashi-takenori/
    より抜粋。
    その後の動向であるが、徳川実記、土屋知貞私記、石川家中留書など徳川側の家伝では、明石全登は水野勝成の家臣・汀三右衛門又は石川忠総に討ち取られたとあり、大坂御陣覚書、大坂記などでも討死したとある。
    しかし、大村家譜、山本豊久私記などでは、嫡子・明石内記と共に九州に落ち延びたとあり、戸川家譜、武家事紀では南蛮(スペイン・ポルトガル)に逃れたとある。
    明石全登のご子孫と言う一族の話では、大阪落城後に仙台の伊達政宗に保護され、その後、幕府の目が厳しくなると、津軽信枚の保護を受け弘前城内にて匿われ、1618年(元和4年)に病死したとされる。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12905-87676c90
この記事へのトラックバック