FC2ブログ

ルイス・フロイスの失望・いい話?

2009年02月11日 00:14

509 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/10(火) 01:05:35 ID:a4PZMvZb
フロイスは参っていた
何にといえば、日本人と会見するたびに味わう違和感と失望感である

「欧州では言葉の明瞭さを求め、曖昧にすることを避ける。
しかるに、日本では曖昧さこそもっとも優れた言語であり、もっとも重視される」
「我々の場合、礼儀は落ち着いた厳粛な顔で行われる。
日本人は間違いなく、常に偽りの微笑を浮かべて行う」

とらえどころのない話と愛想笑いは、戦国武将もしていた日本の伝統のようです
さあ、堂々とLet's AISOWARAI!





511 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/10(火) 01:25:59 ID:esH+wXpP
>>509
フロイスに限らず、当時の宣教師の一致した見方だったようね>日本人のわからなさ

イエズス会日本布教長フランチェスコ・カブラル
「日本人は自分の心中をさらけ出したり、他人に悟らせない事を、名誉で思慮深いことだと考えている。」


ジョアン・ロドリゲス
「日本人は誰にも理解されない、極めて表裏ある心の持ち主である。
したがって日本人は三つの心を持っていると言われ、
一つは口先のもの、これは偽りであることが誰にでも分かる。
もう一つは、ただ友人にだけ示す胸中の心。
最後の一つは心の奥底にあって、誰にも見せない自分のためだけのものである。」


ヴァリアーノ
「彼らは感情を表すことに甚だ慎み深く、胸中に抱く感情を外部に示さず、憤怒の情を
抑制しているので、怒りを発することはまれである。

互いに甚だ残忍な敵であっても、相互に明るい表情を以って、慣習となっている儀礼を
絶対に放棄しない。

胸中を深く隠蔽して、表面上は儀礼的な鄭重な態度を示すが、時節が到来して
自分の勝利となる日を待ちながら耐え忍ぶのである。
我々はそのあらゆる点で彼らとは正反対である。」


512 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/10(火) 01:33:28 ID:gcWzWXBt
森長可・富田長繁「俺達も心に押し隠している事があってだな……」

513 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/10(火) 01:52:08 ID:X/SRaotu
>>512
SATSUGAIですか、SATSUGAIですよね、SATSUGAぐぎゃtp

514 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/10(火) 01:59:29 ID:Qogc35KK
>>512
わかります。首百万欲しい気持ちを隠してるんですね。

515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/10(火) 02:04:33 ID:DGBAzAJJ
三つの心
「ござる」「だよな」「ヒャッハー」

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/10(火) 02:49:40 ID:8epmY5XY
そうは言うが森さんだって富田さんだって一軍?を率いていた訳なんだ
ただの暴れん坊に出来る事とは思えない
それ相応の力量があってのものだと思うんだがなあ・・・そういう良い逸話はあまり残ってないのかな

522 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/10(火) 10:46:19 ID:/lEnlsZZ
>>516
今までの鬼武蔵の逸話みてても武将としての力量は感じ取れるけどな

もちろんそんなもののカケラも感じられない逸話もたくsグゲッ

533 名前:そうか、ゲッ(ピー)線を浴びたらヒャッハー、なんだな[sage] 投稿日:2009/02/10(火) 13:32:10 ID:E+jcsKNZ
>>515
三つの心が一つになればー
一つの正義は(首)百万パワー?
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    こういう話にはコメントがつかないw

  2. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    特につっこむところも、ボケるところもないようだが。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    だってフロイスほんとの事しか言ってないし

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1295-14519ced
この記事へのトラックバック