fc2ブログ

彼は人体静かにして、公儀つきも良く

2021年05月13日 17:49

712 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/05/13(木) 16:20:17.66 ID:HSTG9AXZ
生駒左近(光政様ノ家士也)はかつて、織田常真(信雄)に小々姓として仕えていた時、
信雄は何かの用があって左近に、「ここより内に人を入れてはならない。」と申し付けた。
そこで左近がその口で番をしていると、信雄家中で出頭の者がそこを通ろうとしたため、
先に信雄より申し付けられた事を申して止めたが、それを聞かず通ろうとしたため、
左近は彼を斬り殺した。その後、若輩では有るが理に当たるとして、褒美が与えられた。

彼は人体静かにして、公儀つき(上の覚え)も良く、それ故か武州様(池田利隆)より、
光政様の御守として付けられた。しかも、少し私曲があり、その故か、その頃生駒家が断絶
しそうになっており、当主の死も間近であるということで、左近がそれを相続するよう
仰せになられた。庚申(1680年)十一月十九日、備前西の丸御内所にて御物語された。

烈公間話



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ん~ちょっと分かりにくいが
    生駒左近は生駒家の次男坊以下か分家の出で
    本家に私曲が有ったから継ぐようになった って内容?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    この話も既出なんだけど、そちらの話の方には以下の様に書いてありました。


    仁体静にして公儀就き良し。これ故か武州様(池田利隆)から光政様(池田光政。芳烈公)の御守に
    附けられた。しかしながら少し私曲があり、それ故か生駒家は絶えた。下方(末裔という意味?)は
    真っすぐである故か、今も相続申していると(光政の)仰せであった。

    庚申11月19日、備前西の丸御内所での御物語り。

    ――『烈公間話』

    149 名前:148[sage] 投稿日:2019/08/20(火) 02:51:05.66 ID:/g8X7WjZ
    >>148
    ググったら下方覚兵衛という光政の傅役がいたようなのでその事みたいです>下方

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2で書いた既出の話と見比べたらだいぶ内容に違いがあるんだけど、どちらが正しいんでしょうね?既出だと生駒左近に私曲(不正)があったせいかその家は途絶えたけど、もう1人の傅役の下方覚兵衛の家は続いていると池田光政公が語ったとされ、
    かたやこの話だと途絶えそうだった生駒家を左近が継いだとする内容になっていると言う…
    今回の内容は外人さんがGoogle翻訳か何かで訳したんだろうか?

    若輩でそのうえ理に当たる故
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-12115.html

  4. 人間七七四年 | URL | -

    のぶおのちょっといい話でもあるよね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >>信雄は何かの用があって
    一体ナニをしていたのでしょうね?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12985-8fe1834e
この記事へのトラックバック