fc2ブログ

二番槍では詮なし!

2021年05月16日 16:37

719 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/05/16(日) 16:27:20.73 ID:3Js1RWNV
今川氏真公の士大将・小原肥前守(鎮実)が参州吉田の城を守っていたのを、権現様は御攻め
遊ばされ、御人数を二連木・加須塚などの要害へ遣わされた。すると小原肥前守はこれを見て
吉田川の辺り下地と申す所へ打ち出て防戦仕った。

その時、忠勝様(本多忠勝)は一番に御掛かりなされ、牧宗治郎と槍を御合わせなさり、比類
なき御働きであった。

時に蜂屋半之丞(貞次)が申されたのは、「毎度一番槍を突くところで、この度本多に越され
二番槍では詮なし!」と、槍を捨て刀を抜いてかけ入り、敵を幾人切り伏せなさった。

その時、敵方より河井正徳と申す剛の者が鉄砲を持って蜂屋を狙い撃った。あやまたず眉間に
当たり、蜂屋は討死致された。

――『忠勝公御武功其外聞書』



720 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/05/16(日) 18:00:02.67 ID:P/x14cNk
美味しいとこだけ持っていくカスって昔から居たんだね

721 名前:人間七七四年[] 投稿日:2021/05/16(日) 21:55:48.69 ID:Qd68O4B2
>>720
>>719の話のことだったら何処にカスが居るのか?と。
騙し討ちならともかく、日本各地の戦場に弓矢どころか鉄砲が普及してるこの時代に、スナイパーにやられたことを卑怯だの力スだのなんて言ってたらシモヘイヘやベトナムゲリラ兵はどうなるのかと。

722 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/05/16(日) 23:11:54.09 ID:XILAtUGd
小原の悪いところはこれじゃないからなぁ

723 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/05/17(月) 00:02:52.81 ID:OeKrAtqm
>>721
第二次大戦以降も狙撃兵は敵からは憎悪されて
味方からも忌避される存在だったけどな

724 名前:人間七七四年[] 投稿日:2021/05/17(月) 04:56:39.66 ID:Ap+cpwvI
>>723
命と領土をガチで取り合ってる戦場でそんな甘っちょろいこと言われてもな。
寝言は地獄でどうぞとしか

725 名前:人間七七四年[] 投稿日:2021/05/17(月) 05:20:15.60 ID:Ap+cpwvI
もう一つ言わせて貰うと、射程距離短い火縄銃時代の狙撃と近現代の狙撃を一緒くたに語るのもどうかとは思う。遠くから攻撃してくる弓兵も卑怯なのか?って話にもなるし。

本多忠勝に負けたくないと更なる武功を求めて前に出て奮戦した蜂屋さん。
乱戦の中、前線で味方に仇なす敵の猛者を銃で討ち取った河井さん。
互いにやるべき事やった結果だし、出典元でも河井を剛の者と評価はすれど、卑怯者なんて評価はしてないのでは?

726 名前:人間七七四年[] 投稿日:2021/05/17(月) 09:03:33.43 ID:XQuYmwNe
>>719
常山紀談版だと、ほぼ同じ内容で本多忠勝と牧宗治郎に出遅れて一番槍を取られた蜂屋が他の士に遅れを指摘されたことに腹を立て、
本多忠勝に一番槍取られたなら一番太刀を取ると言って槍を捨て、敵前衛に斬り込んで2人を倒し、銃を構えた河井正徳を見つけてそこに向けて刀を持って突進された所を撃たれて立ち上がって退いたが亡くなったと言う風に描写されている。

で、蜂屋の母が息子の死に様を聞いて無様でない死に様に安堵したとある。

少なくともこの逸話に美味しいとこだけ持ってくカスは居ないと思うな。

727 名前:人間七七四年[] 投稿日:2021/05/17(月) 12:24:41.53 ID:DVsEXiw2
河井正徳も名前が残るだけあってなかなかの剛の者。

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4308.html

729 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/05/17(月) 13:09:27.50 ID:YUH6x6+h
>>726
むしろ、みんなやるべき仕事やった感があって、悪い話ですらないかも
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    死ぬ間際までめんどくせえw>一番槍じゃなきゃヤダヤダ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    何匁の銃か知らんが当時の円弾が眉間に当たるのを想像すると怖すぎる…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    別ソースによると、蜂屋は何が有ってか出遅れて一番槍は本多忠勝が取ったらしい。
    んで、他の武士に蜂屋おっそ!何やってんねんプゲラwと言われて腹立てた蜂屋がクッソ、一番槍取られたわ。

    じゃあワシは一番太刀取ったろ!

    と槍を捨て太刀でカチコんで暴れてたら銃持った河井見つけた蜂屋がお前も刀の錆にしてやる!とばかりに突進したところを河井にうるせぇバカヤロウ!と撃たれたらしい。

    この話だと即死だけど別ソースだと従者に助けられて退くか、自力で立って退いたけど結局そこで亡くなったそうな。

    とりあえず戦場と言う非日常的空間で味方を煽るのはやめましょうね〜。と思った今日この頃。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    三河武士は自分の功名と同じくらい他人を貶すことも大好きだからな
    彦左「人を褒めるときは大きな声で、悪口を言うときにはより大きな声で」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    まぁ三河武士の意地は相当の物とは聞き及んでるけど、蜂屋半之丞も家康大好き三河武士とは言え一向宗の一族だったせいで、出戻り組だし色々強く言いあう相手が多々居たり武功で返さなきゃって強迫観念じみた物も有ったのかもね。
    バーサク状態で最期に出会った相手が悪かったというかなぁ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    河井正徳も足が悪いから鉄砲を極めたと言えるし、「生得で足が悪い」そんな彼を認めて
    氏真も正徳と名付けたと言われてるしね?

    ホントどこにカスが居るのか分からないね!
    それにしても戦国時代には強者が鉄砲で撃たれると眉間に当たる呪いでもあるのだろうか?
    <武蔵さんとか

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    思ったのだが、単純に眉間を狙うのがセオリーなのではなかろうか
    眉間を狙って体のどこかに当たればOK
    狙い通りいけばこれまたOK

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7さん
    火縄鉄砲の命中率で眉間って、それもう現代銃並みの命中率必要なのかも?
    相手も動いているでしょうし
    現代銃の基本もスコープ付きか腕に自信ある人でもない限りは、体の中心部を
    狙うのがセオリーですね

  9. 人間七七四年 | URL | -

    このブログでも鉄砲の使い手武将の逸話はいくつもあったが
    別に卑怯者だなんて扱いされてないしな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12989-c7aeda9a
この記事へのトラックバック