fc2ブログ

高麗亡国すべき瑞相の事

2021年05月16日 16:38

718 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/05/16(日) 16:24:47.63 ID:o0DuMVtq
高麗亡国すべき瑞相の事

朝鮮国にて、東束という所の住人で、(朝鮮の役で)日本に捕虜として送られ、後に剃髪して
医師となった人が有った、文才有る人であったが、彼曰く

「いずれも高麗滅びること、時節到来と見えたり。全て人の業ではない。
その仔細は、この三年前に表示があった。

釜山浦より三里ばかり奥に、仙庵という山があり、この山に向かって、日本よりカラスが大量に
渡ってきた。空も見えぬほどに群がり、この現象は十四,五日の間引き続いた。
これは怪しく珍しき事であると、人々明け暮れにこれを見ていたが、これに対し、高麗のカラスが
雲霞のごとく群がって、この仙庵を襲撃し、日本のカラスと凄まじい食い合いをした。

これらは死期を知るが如くに戦った。或いは眼を突き潰され、胃袋を蹴り込まれ、或いは羽ふしを折られ、
蹴爪を損し、そうして死ぬカラスは、幾千万と数が知れなかった。
これを人々が寄って見た所、死んだカラスは皆々、朝鮮国のカラスであった。
カラスたちは十日ばかり戦った果てに、辰巳を指して皆々落ちていった。

諸人大いに怪しみて、この事を帝に奏聞した。そこで高位の大臣たちが集まって詮議あり、
とにかく博士に考えさせよとして、相応の人を召して占わせた。
それから暫くあって曰く、

「占文を考えるに、そもそも諸鳥が多いと言えども、カラスは日を司る鳥で、また扶桑国を日の本と
書きます。であれば、高域(高麗)を滅ぼさんと志すによって、先ずカラスが渡って、高麗国の武勇を
確認したのでしょう。今後、遅くとも五年、近ければ三年の内に干戈動揺の巷となるべきこと、占文の
表歴に顕れました。御慎み軽からざるよし。」

と奏聞すると、帝を始め奉り、左右の大臣「であれば、釜山浦に要害を拵えるべし。」とて、
大石を寄せ石垣を丈夫に取って、築地を突き矢倉をあげ、攻具を備え、水際の方に牛馬の尾の毛を取って
大綱に打たせ、乱杭に流しかけて、夜昼この港を守らせた。
さて又、鳳城の普請をすべしとて、人数を寄せて要害いみじく拵えた。

その他、所々のつまり、つまりをも普請を仰せ付けられて、かねてこういった用意をされていたにも
かかわらず、時節の滅ぼす所であったので、手立て、用心も当たらず、さしもの遠く久しく豊かで
めでたかりし(朝鮮)八州も、日本のために滅ぼされて、親類妻子散り散りに成りはてた。
旧里を思い出すと血の涙も出る思いで、肝に銘じて悲しいことだ。」

と、語った。

義残後覚



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    いっそこの時に一度滅んでいれば後金にもっとひどい目にあわされずに済んだかもしれん

  2. 人間七七四年 | URL | -

    いったん完全に明に併合されるのが正解だった感はあるね。
    変に生き残らなければ中途半端な民族国家もどきにならずに済んだ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >諸人大いに怪しみて、この事を帝に奏聞した。

    高麗国は国内向けには自国の王を「帝」って呼ばせていたのか?
    明に知られたら征伐されるんじゃ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    朝鮮はその辺意外と律儀だから実際には帝とは呼んでないだろう
    日本が帝政なのを知っていて祖国が格下に見られないように盛ったのではないか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    彼の国はやられたのかw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    他国に支配された方がまともな国に生まれ変わるとか
    日本で言うと説得力が段違いだな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/12990-a9c3ff06
この記事へのトラックバック