FC2ブログ

小野寺義道と坂崎直盛への恩・いい話

2008年10月15日 14:24

92 名前:人間七七四年[] 投稿日:2007/12/23(日) 00:48:27 ID:H4vgtw/D
さて、出羽国横手城主小野寺義道は、武勇あるも政治に疎く関ケ原において
仇敵最上義光と争い西軍についたことにより改易され石見国津和野に流された。
配流先津和野の領主は宇喜多家の一族である坂崎直盛である。
後に坂崎直盛は大阪の陣で戦功をたてるものの、その件(俗に言う千姫一件)に
よって自害、改易となった。

坂崎直盛の十三回忌、彼の墓を立てた者こそ、誰あろう小野寺義道であった。
江戸幕府により取り潰しにあった者の墓を建てる者などなかなかいる者ではない。
配流時代に遇してくれた坂崎直盛の恩に報いるためのことであった。

後に、小野寺一族は津和野の新領主亀井氏の臣下となり厚く遇されたという。




103 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/01/05(土) 15:45:47 ID:JkiTRbTO
>>92
これは本当にいい話だな。柳生宗矩といい。坂崎は人望はあったんだよな。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    こういうのがホントの「いい話し」だよな^^

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ああ、でも坂崎出羽守って、例の事件起こす直前に家臣に「そんなコトやったら御家がおとり潰しになりますよ」諌められたら
    「この家は俺の槍一本で切り取った物だ、俺のせいでとり潰されたからって誰にも文句言わせん」って言ったんだよな。
    そりゃ端武者の理論だわ、人の上に立つ器じゃないわな。
    そもそも宇喜多の一族だから大名に成れたんであって、テメーの槍一本で出世したワケじゃねーし。
    むしろ主家滅亡の原因になってるし、そもそもソレ自体が家康の計略だったのにも気づいてねーし。
    色々ダメダメさんだな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13-6bf51243
この記事へのトラックバック