fc2ブログ

まことに献上したいと考えているのであれば

2021年05月27日 17:43

237 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/05/27(木) 15:30:27.01 ID:JHjlPZpJ
豊臣秀吉の時代)有馬の温泉は、湯山善福寺、池坊佐吉、中坊左進右衛門という三人が支配を
していた。太閤(秀吉)は、百五十石収納の領地をこの三人に託しておいて、湯治に行った時の
入用にさせた。また湯の山の上に御殿があって、太閤はここに滞在したのである。

天正八年三月に湯治に行った時は、池田輝政、福島正則が供をしていた。
それより、文禄三年に行った時は、木下大膳大夫という名で、以下のような達しが出た

『太閤様湯治の時、当所地下人が、酒肴等、何であってもそれを買って(秀吉に)進上する事、
堅く御停止とされる。その他のものも無用に思し召されているが、まことに献上したいと
考えているのであれば、大根、ゴボウ、また餅などといった手作りの類は、理由次第で
進上してもよい、と仰せに成られている。』

とあり、この時太閤より有馬が賜った物は、八幡太郎義家の鎧の袖、太閤の旅櫛に、函鏡を
二面添え、黒塗り金紋の杖、茶湯道具一式、であった。今も存在しているのだろうか。
二度目の湯治には小早川隆景、有馬法印も供をしている。
わずか百五十石の米を年々収納させ、それを湯治の時の入用に供させるなど、太閤が経済の上手なること、
以て知るべし。

伝説研究・歴史之謎



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | 8kSX63fM

    高級品は禁じるけど手料理の範疇なら良しってことかな?
    賄賂の類いを持って陳情に押し掛けられても却って迷惑ってことなのかね。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    3人で150石だから、1人あたり50石

    >石高50石の武士は1500万円位の年収

    てのが出てくるから、格式を整えるのと丁稚を雇うのを考えると
    秀吉からの下賜だけで温泉宿やってけるのは本来無理なんで
    御成りのときに過度にもてなすな、ってことかな

    このへんの金銭感覚(経済の勘)は生まれついての大名には無理、って感じで褒めてんだろうか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    温泉の主は、湯屋の細事ばかりを考えて、あとはそのまんまで十分、余計な事はするな、そういうのはもう飽きるほどだ、気の許せる者たちと共に休みに来たんだ放っとけ、そういう事だろうね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13007-a041e449
この記事へのトラックバック