fc2ブログ

関東律儀の風にて、斯くの如し。

2021年06月23日 18:27

275 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/06/23(水) 15:40:02.75 ID:WZDH2Cja
関東衆が神流川の戦いおいて、滝川一益に対しあのように粉骨を尽くしたのは、滝川の智より出たものである。
信長公御生害(本能寺の変)の事についての密書が到着した時、滝川の家老達は、「先ず隠密し給え」と、
その情報を隠すことを勧めた。これに対して一益は

「悪事千里を走る習いなのだから、隠せば却って顕れるだろう。信長公より私が関東管領に仰せ付け
られ、手柄次第に切り取るべしとの御朱印を頂戴した。士は義を立てる者であるのだから、弔い合戦の
ために上る私に対しては、加勢する事こそ本意であり、背く士は有るまじ。

しかし、もし隠して上ろうとすれば、滝川は主君から離れた東国を持ちこたえることが出来ず
逃げ上がるのだ、として、追いかけ討ち留めようと申し合いする事必定である。

顕して申し聞かせれば、義を守る士は、却って見届けるだろう。
それでも、もし敵対するのであれば、信長公の追腹と思えば本望である。」

と言うと関東衆を呼び集め、信長御生害の様子を申し聞かせ
「私を上らせ給うのも、上らせなくするのも、各々の心次第である。」
と申した事で、関東衆はこれに感じて、武州の一戦(神流川の戦い)にも、滝川の先陣をして
粉骨した。

滝川は神流川の戦いの後、倉賀野より箕輪城に入り一宿し、そこでの様子も良かったため、関東衆は
いよいよ心を変ぜず、それより松枝に移り、碓氷峠を越えて追分に出て、信州小室へ懸かり、
諏訪へ行き、中山道を経て、七月朔日、勢州長島の城に到着した。
この時、関東信州の、その通路の士大将衆は、何れも一益に人質を出して見届けた、という。

関東律儀の風にて、斯くの如し。

管窺武鑑



276 名前:人間七七四年[] 投稿日:2021/06/23(水) 19:22:40.67 ID:mKXoheLL
管窺武鑑(夏目軍八定房)
定房は永井美濃守の家臣。父・定吉は上杉家臣。

上杉関連の軍記物。最初に父・定吉が仕えた上杉謙信・景勝の事を記し「上杉記」とも称される。
次に夏目家と縁のある景勝家臣の藤田能登守信吉、定房が仕えた永井家について記し、夏目家についても記す。

277 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/06/23(水) 19:30:10.69 ID:mKXoheLL
上記は米沢市図書館の記述ですが
該当する永井尚政は信濃守です
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    花の慶次でも滝川一益が正直に話して関東の諸士が一益に従う誓いを立て感涙してる場面が有ったなぁ。

    その裏で小便してる慶次が、小便首の三佐に襲われかけてたけど。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >夏目軍八定房

    南総里見八犬伝の八房みたいな名前だな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13043-29835974
この記事へのトラックバック