fc2ブログ

長田氏は源義朝への逆臣の苗字であるので

2021年07月09日 17:05

289 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/07/09(金) 15:05:29.75 ID:b26G34El
永井右近太夫直勝(別名長田伝八郎)は永禄六年、三州大浜邑に生まれた。
祖父を長田喜八郎といい、松平広忠君に仕え、三州岡崎にて奉公した。

権現様(家康)が幼い頃、今川義元に仰せに成り、喜八郎に対して所領を賜った。
義元の証文判形が現存する。

父を長田平右衛門尉重元という。御当家(徳川家)に奉仕した。
天正十年六月、織田信長公御生害の時、権現様は泉州堺より伊賀路を越えて、三州大浜まで
出られた。この時重元が御迎えに出て、重元の館にて御膳を上げ、御供の衆へも饗応した。

永井直勝は若年の頃は、三郎信康君に奉公仕り、信康君御逝去の後、遠州浜松に於いて、
権現様に召し出され、

「長田氏は源義朝への逆臣の苗字であるので、永井氏になるように」

と仰せられた。長田は平姓であり、永井は大江姓である。大江の家紋、一文字に三ツ星をも。
直勝に御免なされ、御譜代阿部伊予守(正勝)の婿に仰せ付けられた。

管窺武鑑

永井家と永井直勝について



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    管窺武鑑の著者、夏目定房はこの永井直勝の家臣の子だそうな。
    永井直勝の父、長田重元は松平広忠から仕える譜代の家臣で、享年89歳と中々の長寿。
    長田重元の存命中に直勝は長田から永井に改名させられたものの、
    長田の家名は弟が引き継いで存続させている。
    逆臣の苗字だからと言って改名させた真意は不明だけど、
    永井直勝は小姓として徳川信康に付けられていたものの信康自刃により若過ぎる隠居。
    翌年に家康に乞われて再出仕したので美少年か何かでお気に入りだったのだろう。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    美少年か何かお気に入りとか、想像による枕詞付けなくても、若くして元嫡男の小姓してた人物ってだけでも、引退させるには惜しい有望な人物として再出仕のお肥がかかったのだと思うけど…

    事実、池田恒興討ち取ったりその後も着実に武功を上げてるし

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    >お肥がかかった
    いくら焼味噌様だからってこんな誤字しなくても…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    源義朝への逆臣という長田忠致の読みが「『おさだ』ただむね」であるとか
    大江氏から派生した「ながい」は「長井」だということを踏まえると
    唐突に「永井」を出した権現様の命名センスは相変わらずだなぁと

  5. 人間七七四年 | URL | -

    輝政が5千石しか貰ってないのかと言う逸話があるけど、普通一人の武士が5千石って
    十分に凄い禄だと思うのだけどなぁ。最終的に7万石越えだし、有能な人だったと思う。
    それに子孫達に3人も有名人排出ってのも恵まれてる。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13066-4626ae42
この記事へのトラックバック