fc2ブログ

謙信公が遺言の如く、弓箭の神と成り給い

2021年07月20日 17:31

310 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/07/20(火) 16:26:19.98 ID:iLrxlNOV
天正十七年(1589)、上杉景勝による佐渡攻めの時のこと

景勝公は六月十日、佐渡国沢根の湊に御着岸され、先衆の構築していた陣城に御旗を立てられた。
直江、泉澤、島津、小倉喜八郎、そして景勝公が御渡海と聞いて、吉井城の城主はその前からの
先陣からの攻撃にさえ手こずっていたためこれを恐れ、早々に城を開いて羽持へ逃げていった。

十一日、十二日は御休息。十三、十四の両日、河原田佐渡守をはじめ、北佐渡衆は景勝公に
御礼を申し上げた。
十六日、南佐渡を御退治あるべしと決定された。

そのような所に、越国御留守大将である甘糟近江守(景持)より、奇異の注進があった。
去る十三日暮れ方、毘沙門が夥しく鳴動した後、五尺(約150センチ)廻りほどの光る物体が
一つ飛び出た。その跡から大小五、六千の光る物が列をなして続き、佐渡の方へ飛んでいった。
これは越国の諸人が、確かに見たものである。

「これは定めて、謙信公が遺言の如く、弓箭の神と成り給い、光を輝かせ加護されること明瞭である。
今度の戦は全く御勝利疑いなし。」

そう、下民に至るまで喜悦謳歌したという。この事は広く申し上げられた故に、敵味方ともに知らぬ者は
無かった。この事口伝。

管窺武鑑

軍神謙信公出撃の模様。



311 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/07/20(火) 16:31:34.88 ID:oSNL/R0z
故光瀬龍が知ったらこのネタを元にSFを書きそうな話だな

312 名前:人間七七四年[] 投稿日:2021/07/20(火) 16:56:47.72 ID:FdJyY6Im
時期的にみずがめ座η流星群か、うしかい座流星群とかかな?

   ★
 ★
     ★

   ★

   ★

  ☆ ★
      ★

うぬは北斗七星の横に蒼く輝く星が見えるかな?
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >本スレ312
    それは見えちゃいけない星じゃ…w

  2. 人間七七四年 | URL | -

    河原田佐渡守こと、本間高統は6月2日に河原田城落城時に自害してることになってるけど、ここでは生きてるのね?
    よくわかんねぇなこの管窺武鑑とか言う軍記物?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    流星群というよりは火球が崩壊しながら落ちていった感じかな?
    ほかの地方でも目撃されていたら面白いかも

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1 wikhpedia先生のアルコルの項より

    日本の場合、地方によっては「寿命星」などと呼ばれ、この星が見えなくなると年内に死ぬという言い伝えがある[7]。ただし、以前に見えていたアルコルが見えなくなるのは老眼のせいと考えられるため、全く根拠のない迷信とは言い切れない部分もある。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    徴兵の際の視力検査で見えると兵隊にさせられたから
    ではなかったのか
    (見えても見えないと言えばすむ気もするが)

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    アラビアでは視力検査に使われたとか。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    天正17年6月13日は グレゴリ暦だと7月25日
    時期的にはみずがめ座流星群とやぎ座流星群のピーク
    でも、天正17年のその日の月齢は十三夜月なので、流星観測には不利な年

    天体現象利用して士気を上げるのはよくあることだし
    流星群か火球は実際にあったのかもしれない

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13081-e47e1aba
この記事へのトラックバック