fc2ブログ

週刊ブログ拍手ランキング【07/22~/28】

2021年07月28日 17:35

07/22~/28のブログ拍手ランキングです!


山内忠義と鎌髭のお話 15

石見銀山の発見 12
猫屋町由来 12

邪魔モ悪魔も寄にきられす 10
能州の武士道の吟味、諸人の勇気を励ます事、 9

河田豊前守が勇智深き故に 8
広忠公御死去之事 8
大殿は三方ヶ原の御合戦から、 8
鳳来寺岩本院に住む安養坊と申す者 8

人口の妨げによって不慮の生害 6
五段三段と工夫して、不敗の地をふまえ、必勝の旗を掲げる。 4


今週の1位はこちら!山内忠義と鎌髭のお話です!
山内忠義といえば、山内一豊の同母弟である康豊の子で、一豊の養子となり土佐藩を継承した人物ですね。
大坂の陣で活躍した毛利勝永と衆道関係あったらしく、そちらの話でもある意味有名かと思います。
また江戸初期の政治経済史の中では、野中兼山を登用し藩政改革を行った事もよく知られていますね。
そんな忠義はまた自身の鎌髭を相当自慢にしていたようで、普段はともかく、酒が入るとこの逸話にように、
他の鎌髭の人間にちょっかいをかけたようで、中々厄介な酔狂ですね。
また鎌髭は武張っていることを表していたとも言われます。忠義も含めてそういったヒゲ姿が間々見られたという事は、
まだまだ戦国の気風が色濃く在った、とも言えるのでしょう。戦国中期以降になると、鎌髭は大名行列において奴などが、
見栄えとしてつけていたり、あるいは墨で書いたりしていたそうで、時代による風潮の変化も感じられます。
忠義は個人としても面白い人物であり、今後もっと注目されても良いのでは、なんてことも思った内容でした。

2位はこちら!石見銀山の発見です!
石見銀山と言えば毛利との争奪戦から尼子のイメージが強いと思いますが、実際には大内氏によって開発された
鉱山ですね。ここでは博多の商人である神谷寿貞が山の光るのを見て銀脈を見つけた、とありますが、彼は石見銀山に
灰吹法を導入して多量の銀の増産に成功したとされ、また博多も当時大内氏の勢力圏であり、そこで大内義興が
鉱工業に詳しい商人に、自身の勢力圏における鉱山の調査をさせたと考えても、さほど不自然ではないように思います。
世界の経済にまで影響を与え、現代では「世界遺産」とまで成った石見銀山ですが、その事実上の始まりを知った上で
これを見ると、さらに想像が広がるように思います。そんな事を考えた内容でした。

そして今週は同票でもう一つ猫屋町由来です!
今も広島市に町名として残る猫屋町。これは毛利輝元の広島開府の時に由来が有ったのですね。豪商である
猫屋九郎右衛門兼鎮から取られたという事ですが、何故に屋号が「猫屋」なのか、一体どんな商売を
していたのか、気になります。猫はネズミ対策として船によく乗せられたともいいますので、広島の場所を
考えても、瀬戸内の海運業だったのかな、なんて事も想像してみたりしました。
「猫」のつく地名は全国に割とあるようですが、その由来に猫そのものが関わらないというのはかなり珍しい気がします。
非常に面白い地名由来だと感じました。



今週もたくさんの拍手を各逸話に頂きました。いつもありがとうございます!
また気になった逸話を見つけた時は、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!
(/・ω・)/
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13094-786da43d
    この記事へのトラックバック