fc2ブログ

週刊ブログ拍手ランキング【08/05~/11】

2021年08月11日 15:19

08/05~/11のブログ拍手ランキングです!


渋川城大爆発 18

直江兼続と鉄砲 10

有田の夜泣き石 8
先を越されて宿割をされた事 8

他宗他人に対して沙汰してはならない 7
三家については以上の通りであり 7

人は軽々としたのが良い 5
直江の誤りと見るのが正道である。 5
「私は伊豆箱根の者である。」 4



今週の1位はこちら! 渋川城大爆発です!
渋川城における伊達成実の逸話ですね。実際この火災で渋川状は全焼したとのことで、逆に右手の火傷ですんだというのは、
運が良かったと言えるかもしれません。これに乗じて敵が攻めてくることも充分考えられるわけですし、
実際この約一月後、天正14年1月1日に恐らくこの火災を察知した二本松勢が攻めてきたとされます。この時成実は
それを予想していたのでしょう、様々な策を以てこれを撃退しています。わずかながら混乱を収拾する間を得たという
運の良さもありますが、それを見事に活用した事からはやはり良将の才を感じます。
また、この事が事実とすると政宗ともども主従で身体的なハンデがあったとも言えますが、その上で戦国の世を勇者として
縦横無尽に活躍し歴史に名を残した事からは、人としての芯の強さも感じさせてくれますね。
戦国武将としての伊達成実を象徴するお話の一つ、そんなふうに思いました。

2位はこちら!直江兼続と鉄砲です!
直江兼続が鉄砲を重視したという話はかなり有名で、逸話などでも間々見られます。恐らく生前から
非常に特徴的なものだと考えられていたのでしょう。この内容を見ると、鉄砲だけでなく火薬の製造にもかなり
力を入れていたことも見て取れますね。このあたり、関ケ原の減知転封後の話であることから考えると、勢力が縮小
した中で攻撃力を保持するには鉄砲の火力を重視せざるを得ない、という判断も有ったのでしょう。
このように保たれた上杉の軍事力は、大阪冬の陣でも大いに発揮されたようです。
それもこの記事にあるような、兼ねてからの直江兼続の細やかな準備のたまもの、という事を感じさせてくれる
内容だと思いました。

今週管理人が気になった逸話はこちら!有田の夜泣き石です!
本能寺後の秀吉勢力、豊臣政権の拡大は一般的には「近世への統合」として好意的に見られがちではありますが、
実際にはその中ですり潰されていった人々が多く有ったわけで、すり潰された人々にとって秀吉の勢力とは
理不尽な暴力に他ならず、そういった伝承も様々に残っています。このお話もその一つと言えるでしょう。
ここでは秀長が、美しい姫を奪おうとする悪辣な存在として描かれていますが、これは秀長本人がどうというよりも、
彼がこの方面の担当であったことからそのような役回りになったのでしょう。すなわち攻められた人々にとって
秀吉、秀長の軍隊とはそのように嫌悪すべき存在であり、ここでの「霞姫」もおそらくその被害の象徴に過ぎず、
多くの「霞姫」に類する女性たちが有った事でしょう。
そんな事も感じた内容でした。


今週もたくさんお拍手を各逸話に頂きました。いつもありがとうございます!
また気になった逸話を見つけた時は、そこの拍手ボタンをおしてやってくださいね!
(/・ω・)/
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    管理人さん、対処お願いしますね

    「森長可、弟救出作戦・いい話?」
    人間七七四年 | URL | -
    ※5
    イチャモンコメント投稿したら散々ボッコボコにされて悔しいから逆恨みか?w
    考えが浅えんだよゴミw
    ( 2021年08月13日 10:09 )

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13115-db58128f
この記事へのトラックバック