fc2ブログ

伊達の加勢

2021年09月14日 18:45

523 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/09/14(火) 15:06:35.11 ID:q8uyA47f
慶長出羽合戦、始め最上義光上杉景勝の大軍が押し寄せると聞いた時、子息修理太夫家親に申された

「この度、直江山城守(兼続)大将にて四万余りの軍兵を引率し攻め来たるという事であり、
敵勢は定めて、雲霞のごとくであろう。
私は山形の城を以て。出来る限り防ぎ戦い、叶わずば腹を切る。その方は早々に奥州岩手沢に赴き、
加勢を伊達政宗に乞うように。

但し、我が姉(義姫、実際には妹)は政宗の実母であり、その方と政宗は従兄弟であるのだが、
先の鮎貝藤太郎(宗信)の事で政宗との関係が悪化し多年となっている(鮎貝宗信謀反事件)。
既に弓矢も数度に及んでおり、伊達家も我々に加勢する事は中々合点しないとは思う。

しかし政宗も関東方無二の味方であるのだから、私からの要請を聞く時は、関東(家康)の後聞を憚り、
加勢すること必定である。
その内に山形が落城すれば、私は討ち死にする。その方は生き残って、家名を相続するのだ。
父子が一所にあって討たれるなど、言い甲斐もない事だ。」

そう言って今生の暇乞いの盃を取り交わし、家親は馬に打ち乗って奥州岩手沢を指して駆けた。

九月八日、岩手沢に到着して政宗に対面した。家親は言った
「この度、関東の御下知により義光も軍兵を催促し、米沢口より会津に取り掛かるべしと支度をしていた
所に、治部(石田三成)が大阪に討って出て、京都、畿内がこれに一味し、伏見の城を攻め落とし、
既に治部の先勢は美濃口に充満しているとの事で、関東の御勢は会津攻めを止められ、江戸に引き入り、
上洛されました。これによって直江山城はその利に乗じ、この隙を伺って、四万余りの軍兵にて近日、
最上を攻め潰すべき支度をしているとの情報が申し来ました、そのため味方にも数ヶ所の砦を構えさせ
待ち受けていますが、大敵であれば、此の方が打ち負けること必定です。

事新しき申絛ではありますが、貴殿の御母堂は我が叔母であり、従兄弟のよしみ浅からず。
然れども先年の鮎貝藤太郎の事により、伊達・最上は確執に及び敵味方となり、数年争いましたが、
これは頗る本意では有りません。

この度直江が最上を攻め平らげれば、則ち、さらに下湯の原にかかり、岩手沢に取り掛かること、
隴を得て蜀を望むの勢いはとどまることは無いでしょう。これはいわゆる、唇亡びて歯寒しという
警句です。

今度、多年の宿意を咎めること無く、加勢を出され、最上の急難を救われれば、外には関東への奉公、
家は一家を救う所、名実ともに全き所であります。
正に今、最上は大事に及んでいます。貴殿が加勢されず、直江が最上を攻め取れば、一体何の面目が
あって、御所(家康)に見えられるのでしょうか?」

このように理を尽くして申されると、政宗もこれを聞いて「尤も至極」と同心し、
「追っ付け、加勢を出すので、貴殿は父義光と一所に、山形を持ちこたえるように。」と家親を反し、
則ち最上へ加勢を差し越した。
(中略)
政宗総軍は旗の紋に、琵琶の図を書いた。『我は琵琶なり。敵ひけ。』という事である。

近世軍記

慶長出羽合戦に於ける、最上から伊達政宗への救援要請について



525 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/09/14(火) 18:41:05.76 ID:Ovha0XjA
今となってはいろいろ突っ込みはあるが一番は家親じゃなくて義康の誤りか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この逸話だと義康が家親になってるんだな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    525にそう書いてあるじゃん

  3. 人間七七四年 | URL | -

    このあと留守政景に3000付けて送り出し、小十郎が両天秤を献策して政宗ドン引きという流れか
    40000相手に3000じゃ焼け石に水だと思っていたけど、最上全軍で7000と知って大奮発だと考えを改めたよ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    岩手沢は既に岩出山に改名されているよね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    あくまでこれは先遣隊であって、これ以降も出す予定であった<伊達勢3,000
    正直、3,000の兵力だけ見て伊達を低評価する奴いるけど、伊達にしてみれば、下手に山形に全軍を繰り出せば、伊達・信夫郡から上杉勢が大挙して押し寄せる危険性もある訳で、だからこそこの時期、結城秀康に対して「上杉に対してきっちり重石になってください」と、念押しをしたりしている。

    間が悪いことに、上杉攻めがいったん中止になってしまったことで、奥州の諸大名が三々五々領国に引き戻っちゃっていて、上杉を相手取るの、伊達と最上しかいなかったせいで、政宗かなり神経とがらせているのよなあ。(南部に対する和賀一揆も、あれ南部の動きが悪すぎたことで猜疑心全開にした政宗がやった勇み足でもあるしねえ)

  6. ※3 | URL | -

    ※5
    そうだよね
    そもそも留守政景を大将にしてる時点で伊達はかなり本気といえる
    (政景でダメなら成実か政宗自身しかないという人選)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    留守政景の援軍も、後続の屋代勘解由1500+300が間引かれて結局1200を山形に送ったけど、10月1日の上杉軍撤退まで小白川で日和見してただけなんだよね
    (10月1日の上杉軍撤退の際に最上軍と共同で追撃したけど、馬上の湯目加賀守等が水原親憲の鉄砲隊に討ち取られている)

  8. 人間七七四年 | URL | -

    これは本文からして家親になっているのでしょうかね。
    それにしても最上の顛末は守成の難しさを物語っていますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13164-7cd997d1
この記事へのトラックバック