fc2ブログ

家康社爰ニテ立腹ルニ見ヨ

2021年09月18日 18:39

50 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/09/18(土) 14:39:37.22 ID:csadipqG
本願寺一揆(三河一向一揆)の時、賀茂郡下江知村の四至屋平太郎という者が家康公に御味方
申した。針崎表一戦で公は打ち負けて六所の宮へ入られ、敵は岡崎の城へ押し入らんとした。

この時、平太郎は公の御装束を着て、城の大手で寄せている敵に向かうと、「家康こそ、ここ
にて立ち腹しているぞ。見よ!(家康社爰ニテ立腹ルニ見ヨ)」と大声で腹を十文字に掻き切り、
敵はこれを見て事実と覚え、引いていった。

その後、家康公は関ヶ原より御帰陣の時に矢作へ出向かい、(平太郎の)居り申す所を御尋ね
になった。(平太郎の後家は)殿様に御不足(不満)を存じ奉り、「私こそが四至屋平太郎
後家です」と申し上げた。

公は「そうであったか」と仰せられて、手作と70石を下された。その末裔を中根喜蔵と申す。
本多九平衛の話の覚書。

――『三河東泉記



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ピンチになるとどこからともなく身代わりが現れる男徳川家康

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    深読みすると家康の人望を示す話になるのだろうか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    この場合の『立腹』は『立ち腹を切る(立ったまま切腹)』という意味だよね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    しかし逸話を見ると、家康、平太郎が自分の身代わりに死んだことを、
    最初から最後まで理解していないんじゃあ・・・
    後家に70石渡したのも「平太郎もう死んでいるのかあ。そりゃあ後家さん
    大変だよなあ」程度のような。

    夏目の子孫に対する超法規的措置とったことなんかみれば、少なくとも
    「自分のために命を捨てた」家の遺族を無碍な扱いにするほど、家康
    ドライじゃねえしなあ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    一命の対価に70石はいかにも安い報酬だわ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    だいたい一人あたま一年食える米が一石くらいと言うから、後家に70石はそれなりに凄いのでは…と思う自分は変なのだろうか。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    捨扶持70石だとその後家が亡くなったら支援打ち切りだから
    殿様によっては係累を何百石かで取り立てる=子々孫々一族郎党に渡って面倒見てやるぜ!
    という少数の義理堅い人もいるからな
    そして家康はその少数に含まれると一般的には思われるので、ちょっと意外の感があった

  8. 人間七七四年 | URL | -

    平太郎に子供や一族がいないのなら十分な気がする
    夏目氏の場合は一族がいたわけだし

  9. 8 | URL | -

    と思ったけど中根って末裔いるのかスマソ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13169-ac14b278
この記事へのトラックバック