fc2ブログ

ニコラス (17世紀の日本人修道士)

2021年09月22日 17:25

56 名前:人間七七四年[] 投稿日:2021/09/22(水) 17:10:57.34 ID:PS+fBYQI
ニコラス (17世紀の日本人修道士)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%B9_(17%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E4%BF%AE%E9%81%93%E5%A3%AB)

ニコラス・デ・サン・アウグスティノ(Nicolas de San Agustin、 ? - 1611年11月30日)は、17世紀のカトリック教会修道士。
ロシア・モスクワを訪れた最初の日本人(日系人)とされる。

※管理人注
以下Wikipediaの記事ですので、内容は上のリンク先にてご確認下さい


57 名前:人間七七四年[] 投稿日:2021/09/22(水) 17:12:03.09 ID:PS+fBYQI
wikipedia転載ですがご容赦ください。

サン=フェリペ号事件にこんな裏話があったとは。引用元の論文は40年前のものなのにこのネタ全然知らんかった・・・。
そして修道会各派で足を引っ張りあうキリシタン史あるあるw

ただ、近代以前の助修道士(助修士)というのは実質「寺男」だそうで、上記での師弟関係という表現がこの場合どうだったのかちょっとわからないですね。






スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    高山右近がマニラで歓迎されたっていうから、漠然と親日的な土地柄なんだなとずっと思ってたわけですが
    送金した全財産ボッシュートで現地の責任問題になってたら、そりゃ当然日本人嫌われてたわけだよな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ロシアにおいては、ポーランド・リトアニア共和国に侵攻されて陥落したモスクワを取り戻した直後の処刑ってことで、反カトリックの機運が高まっていた時期にぶち当たっている。
    この件に関しては完全に受難ではある。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    モスクワに達した最初の日本人といっても当人の感想はどうだったんだろう。
    当時のモスクワなんて、ただの田舎町にしか見えなかったんでないか。
    キエフとかノブゴロドとかの方がきらびやかだったんんだろうな

    例えば、室町の義政時代で江戸(将来の)に連れられて行って
    「将来数百年後にはこの泥沼・湿地が日本の首都だ。どうだ面白うだろう」とか言われてもねぇ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    モスクワは当時からロシア第一の大都市ですよ。
    まあ、※2が書かれた様にニコラスが訪れた時はリューリク朝が断絶してポーランドが偽ツァーリ擁立してモスクワ攻め込むも民兵の抵抗に遭い撤退し、ロマノフ朝が成立する動乱時代ですから、荒れてはいたかと思いますが、17世紀半ばには20万人位に達してますからなかなかの都市かと。
    キエフは13世紀のモンゴル襲来やら交易ルートの変化で衰退し、ノヴゴロドもハンザ同盟の元で繁栄するも、16世紀位からハンザ同盟が衰退し、ノヴゴロド虐殺とかで衰退していってますね。
    まあ、江戸みたい(江戸自体は家康が来る前から港としてそこそこの場所だったらしいが)な町だと、当時にネヴァ川河口の湿地に連れて来られて、ここに百年位後に身の丈六尺八寸の大男が街作るよと言われてもねえかと。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    ピョートル1世「あ?麻酔なしで歯抜くぞコラ」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    イスファハンも遷都からまだ数年の建設途上で、最盛期の大都市って一つも知らずに終わってるんだ
    そういう面倒な時期に鉢合わせして運が悪いとしか言えないし、というかあの船が難破さえしなければ
    そもそも旅に出る必要もなかったか

  7. 人間七七四年 | URL | -

    当時からアル中&エキサイティングな都市だったんだろうか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13175-05eecd16
この記事へのトラックバック