fc2ブログ

予州の老父がまた語って曰く、

2021年09月29日 18:39

623 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/09/28(火) 20:29:50.55 ID:7nwCmArB
予州の老父がまた語って曰く、

「世上の形勢を見るに盛んなる者は衰えて、衰える者はまた盛んとなるものだが、宇都宮
遠江守豊綱(伊予宇都宮氏最後の当主)は備後国で卒去した。

その子の豊治は零落し、その名を恥じて姓氏を変え、萩野与右衛門と称して小早川隆景に
陪従した。秀吉公は九州征伐をなされて、筑後の州半を小早川秀包(毛利秀包)に賜って
久留米の城に居住した。隆景は萩野与右衛門をもって領中の郡代とした。

この時、筑後国坂東寺村に蒲殿(源範頼)の虎月毛という馬がいた。その所以はというと、
むかし肥後国の菊池氏が源家の味方として忠があり、範頼はこれを感じて虎月毛を賜った。
この馬は寿命長くして、菊池家世々を渉って永禄年中においても生存した。

その頃、大友義鎮(宗麟)の武威盛大にして九州に冠たり。菊池氏はこれに服して婚姻の
好を結び自国を保守した。ここにおいて菊池家累世の宝器を出して大友氏に送る。虎月毛
もその一品である。義鎮はこれを受けて筑後国坂東寺村に居させ、田を給し飼口を付けて
これを育てた。その村が秀包の領となったのである。

萩野与右衛門はこの馬の由来を聞いて秀包に告げ、また田を増給してこれを養った。文禄
年中にこの馬は5百歳にして没した。郡中の凡民は葬の行粧をなして、野に出て弔う者は
1千有余人であったということだ」

――『南海通記(老父夜話記)』



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    三国志の赤兎もビックリ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    あと430年ほど長生きしてくれれば
    その姿を見ることができたかもしれないのに残念である

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >5百歳にして没した
    人間にしておよそ2千歳である。マジか。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    イキスギィ!

  5. 人間七七四年 | URL | -

    引退名馬最高齢のナイスネイチャでもあと467年……!!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    もう絶対そこらの人間より賢い生物になってる

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13198-2df6c2c8
この記事へのトラックバック