fc2ブログ

一刀石

2021年10月29日 16:28

750 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/10/29(金) 15:34:55.93 ID:kujO7nr3
一刀石

天乃石立神社は江戸時代、柳生藩の篤い崇敬を受けていた。
柳生町といえば剣豪の住まう柳生の里として有名だが、
その柳生一族が厳粛な修行の場として選んだ所の一つに
天乃石立神社があった。

伝えによると、
柳生宗厳がある夜修行していると天狗が現れたので対決し、
この天狗を一刀両断した感触があったので戦いを止めたが、
翌日その場に見に行ってみると、
そこには真っ二つに裂けた大岩があるだけだったという。



755 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/10/29(金) 23:54:54.01 ID:fqmPOzIc
>>750
前漢時代の李広「石に立つ矢」と似た話だな
昨今は「鬼滅の刃」で知名度増している場所みたいだけれど

大陸の印象的な逸話が伝来して、国内の有名人絡みで翻案するパターンかな?

756 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/10/30(土) 10:52:05.47 ID:EassrWTW
などて恐るる事やある
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    一万石に見えた人挙手

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >1
    あい

  3. 人間七七四年 | URL | -

    当時の人達の怪異って大抵が鬼か天狗、狐に蛇の類ですね?
    後は勝手に城に住み着く居候とか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    鬼や天狗、狐に蛇はまぁいいとして、居候が勝手に住み着く事なんてあるんでしょうか…?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    うーん、刑部姫とか?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ここ見にいった。
    巨石が並んで、見ようによっては、人工的な加工をした古代のものに見えなくもなかった。
    狭い範囲だけど威容があり、ちょっと不思議な感じだったな。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    さなけの者
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-12631.html

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13240-23c45f9b
この記事へのトラックバック