fc2ブログ

今そ引きる安芸の元就

2021年10月30日 16:25

758 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/10/30(土) 15:00:27.07 ID://LSt/4J
出雲の白髪という城は山陰道の名城であり、この城に籠もる者は幼い童が白髪になるまで成長しても、
曾て落ちることのない城であるとして、白髪城と呼ばれたそうである。さらにこの城を毛利元就
攻めるという時、尼子方である城内の者たちは籠城を覚悟して糧米、馬料、塩、味噌に至るまで
よく貯えておいたため、月を超えて年を経ても、城内には倦労の気色も無く、却って折々切って出て
旺盛な武威を示した。このため、知謀深き元就も攻めあぐね、石見国の銀山より金堀子を召し寄せて、
白髪城本丸の下を目当てに穴仕寄を掘らせた。

この時、城中より何者であろうか、一首の狂歌を読んで洗骸の陣の外構に立てた

 元就は 白髪の糸にむすほれて 懸もかからす引もひかれす
 (毛利元就は白髪城に絡め取られて、攻勢にも出られず撤退も出来なくなっている)

元就は歌道が中国においてその名のある人であったので、即座に返歌をして、白髪の岸涯に立てられた

 義久か命と頼む白か糸 今そ引きる安芸の元就
 (尼子義久が生命線として頼っている白髪城の、その糸を今こそ引き切るのがこの安芸の元就である)

宍戸記

尼子側の狂歌を得意の歌道で見事に返した毛利元就のお話。



759 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/10/31(日) 10:44:47.71 ID:K9T+0l0d
石見銀山が欲しくて本城を謀殺したら降ってた尼子方が‥
謀将のイメージあるけど結構失策多いね
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    久々にワロタ
    こういう歌を即座に詠み返せるのが昔の武士なんだよな
    今の侍は歌道の嗜みがないから困る(AA略

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    道灌「…」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    新納忠元「…」
    犬童頼安「…」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1殿
    確かに、※2殿※3殿とは違って今(2021年)
    の人は歌道の嗜みがある人は少ないですね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    歌会始とか出る人は本当に凄いですね。

  6. ※4 | URL | -

    ※5殿
    本当に凄いと思います。
    自分はプレバト見て「へー」と人の俳句を感心して
    いるくらいしかできない……

  7. 人間七七四年 | URL | -

    幽斎『大丈夫、アンチョコ作るから安心して』

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    秀吉「あっ!このお題幽斎ゼミでやったところだ!」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    家康(帰りたい…)

  10. 人間七七四年 | URL | -

    信秀(あー、那古野城欲しい…そうだ!歌を詠むついでに取ろう!)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13243-d07fbcd8
この記事へのトラックバック