fc2ブログ

後世に云う乃保利がこれである

2021年12月14日 18:29

874 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/12/14(火) 17:21:31.40 ID:LG6cXNPR
足利義政将軍の代の頃、畠山左衛門督政長と同右衛門佐義就が、故管領左衛門督持国入道徳本の家督を
争うことがあった、。

康正二年(1456)の夏、彼等は河内国萱振という所で終に合戦に及んだ。
しかしもともと一族であるので、両勢の旗は同じであり、敵味方の区別ができないとのことで、
畠山政長は咄嗟に、旗に乳(布製の筒)を付けて竿に通した。
その時代の人々は皆これに倣い、そのため世の旗の制が一変した。
後世に云う乃保利(幟)がこれである。

或る本に、近代では多く棹付に縫いつけ、そこに乳を付けた旗を用いるが、その所以は、旗を張り立てる時、
棹に通す手間を取らず、或いは森林中などを通る時に、物に引っかかること無く、その自由能きを以ての
事だという。またその縫い様は、針返しをせず、打ち通す事を嫌い、射向の方へまくり出して縫うと云う。

新東鑑

幟旗の由来について



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    近年でこそ応仁の乱のきっかけと言われてるけど
    これが書かれた当時はそんな認識まったくなさそう

  2. 人間七七四年 | URL | -

    応仁の乱が応仁の乱て呼ばれるようになったのいつなんだろうな
    第一次世界対戦は第二次世界対戦前まで戦争を終わらせる戦争なんて呼ばれてたみたいだが

  3. 人間七七四年 | URL | -

    いわれてみれば、皇室が使っているのはみんな流れ旗だな

    >応仁の乱が応仁の乱て呼ばれるようになったのいつなんだろうな

    尋尊大僧正記に「応仁・文明の大乱」って書いてあるから同時代か数十年後にはいわれていたんでないか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13308-bc01bacc
この記事へのトラックバック