fc2ブログ

元亀二年の初夢

2022年01月02日 16:09

923 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/01/02(日) 14:56:38.54 ID:Ye8+u72g
元亀二年正月二日

この暁の夢に、坐像の地蔵で破損しているのを売りたいと申してきたのを、私はそれに特に執心も
無かったので買わなかった。

社頭船戸の明神の前に、大きな蛇の抜け殻があったが、その中から小さな蛇が出てきて、少し南に移動したが、
それを見ると足があった。後には鹿の如きものとなり、やがて私の左の足元より這入ると見え、
以ての外に驚いて、そこで夢が覚めた。

夢の中でも(破損した地蔵を買って功徳を積むような)後世の事には疎いのに、現世の事は心に入る。
浅ましいことだ。

また後に、蓮成院にて仏前より持蓮花(蓮のつぼみの形の仏具)が両面に有り、舎利があるのを身に
相伝ていると見えた。

朔日の暁の夢である。

多聞院日記

多聞院日記より、元亀二年の初夢のお話



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    夢の中とはいえ信仰心より自分の身の危険が勝ったのは宗教家としてはショックだわな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ラオウかまぼこなる商品が発売されたと聞いて見に行った。しかしソレは別段ラオウの形をしているワケでも拳王軍の焼き印が押されているワケでもない、外装のラミネートにラオウの絵がプリントされているだけの物だった。しかもコレ、北斗4兄弟でシリーズ化されているらしい。3兄弟じゃなくて4兄弟。つまりジャギバージョンもあるワケだ。しかもそのジャギかまぼこを売るのは俺の担当らしい。しかしソコで俺は思い付く「積年の疑問だった『トキとジャギどっちが本当は人気があるのか?』に結論が出るのではないか?」ソコで俺は慌ててトキかまぼこの売り場の様子を見に行こうと走り出した。この辺で目が覚めた。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    ちょっと面白かったけど一応書いとく。

    「ここはお前の日記じゃないんだ、チラシの裏にでも書いとけ」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    絵柄一つで優劣がつくとして、かまぼこは食えば無くなるものだし売り手が気にするような事ではない。
    商売人ならまさにあさましき夢だが、
    一笑で終わる夢が心にかかるという事は商人の心がない。
    遠回しに売り買いで気を許すなという夢かもなぁ。
    織田信長も本能寺の変へ至る前にやたらと夢を見たらしいし、何にしても夢は受け取り方次第なところがあると思う。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13334-77745bd5
この記事へのトラックバック