fc2ブログ

筒井騒動について

2022年02月02日 18:06

310 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/02/02(水) 17:07:44.84 ID:KOLspvc1
筒井家家中では、その臣・中坊左近秀行(秀祐)と、桃谷與太郎右衛門国之、河村與六郎正之、
松浦左内祐次等が不和となったが、去る慶長三年六月、中坊はその息・忠右衛門秀政と共に筒井家を
立ち退き駿府へ向い、
『侍従(筒井)定次は酒色に溺れ、政道に癖事多く云々』とし、河村、松浦らの奸佞の至悪等を
家康公へ訴えると、筒井定次もこの事を伝え聞いて大いに驚き、近臣である桃谷次郎国仲、その息
與太右衛門、並びに松浦、河村を召し連れ駿府に赴き、

『左近(中坊秀祐)はその勇功を誇って主君を蔑ろにし、傍輩を猜み讒訴して、筒井家より独立することを
欲している。』

と訴え、双方の対決、数日に及んだ。
このような中、伊賀守(筒井定次)は養父である順慶以来、二代共に故太閤の厚恩を蒙っており、
密かに大阪に近侍していると聞こえてきた。さらに酒色の遊に溺れ、河村、松浦と言った奸人を用い、
政道正しからざるよしに沙汰極まり、遂に定次非い陥り、同二十日、伊賀国並びに勢州、城州等の
領地悉く没収され、侍従定次、嫡子宮内少輔順定、共に藤堂(高虎)に預けられ、桃谷與次郎は、
「酒色の遊には預からざるとも、老臣職として非道を諌めざる咎」により、お預けとなった。
桃谷與太右衛門、河村與六、松浦左内の三人は誅せられた。

中坊左近は従五位下飛騨守に任じられ、息・中右衛門は左近と改め将軍家に仕え、
和州吉野郡にて三千五百石を領した。

新東鑑

筒井騒動についてのお話



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13375-6a092cdc
    この記事へのトラックバック