fc2ブログ

「朝野雑載」より六角義郷の話

2022年03月08日 15:20

384 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/03/07(月) 20:13:21.67 ID:o+u3g8Om
朝野雑載」より六角義郷の話

義郷の父である六角義秀は近江国守護であったが暗愚の将であったため近江の大方は攻め取られ、家臣にも所領が奪われ、義郷が相続したのは十八万石に過ぎなかった。
しかも石田三成の讒言により義郷が死罪になりそうだったのを、秀吉公により名族ということで領地没収のみで許された。
さて三成が義郷を讒言した理由だが、義郷の家人、多良尾彦六入道道賀というものの娘、おまんというものが有名な美人で義郷の妾となっていたのを
三成がうらやみ、道賀に頼んでおまんを所望したのを、主君の妾だとして道賀が断った結果、義郷を殺して妾を奪い取ろうと思うにいたったということだ。
義郷浪人後、おまんのことを聞きつけた関白秀次公はさっそく聚楽第に呼び込んでしまった。
三成は大いにあきれ、この上はと秀次公も讒言した結果、おまんはほかの三十余人の秀次公の女房たちと共に首を刎ねられてしまったということだ。
このように三成が多良尾の娘を取ろうと、罪なき義郷、秀次、および両家一族、幕下の諸将やその家族まで幾千万人も死罪、追放、流刑にしたためその怨念が石田にかえってきて
その身はもちろん、一族縁者家人までことごとく断絶し、末世にいたるまで大悪無道の名を残した、なんとあさましいことだろうか。

六角義郷:六角氏の子孫を称した澤田源内の偽書「江源武鑑」に出てくる架空の人物
ただし「江源武鑑」では三成が義郷を讒言した理由について、家人同士が争って三成側に死者が出たからとしている

385 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/03/07(月) 20:25:17.89 ID:o+u3g8Om
ついでに多良尾道賀(多羅尾光俊)はたしかに娘のおまんを秀次に側室として送り込んでいるが
六角氏没落時点で六角を見限って信長についている
また「江源武鑑」では義郷が秀次に連座した理由として、義郷の部下である鯰江権佐の娘のおこほ、が秀次の側室になっていたからとしていて微妙に違う



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >罪なき義郷、秀次、および両家一族、幕下の諸将やその家族まで幾千万人も死罪、追放、流刑にしたため

    当時の日本の人口超えてないか>幾千万人

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    当時はこれで何千人・何万人って表現だったのかな

    …三成憎しで筆を進める内にだんだん盛り上がってきて本当に何千万人って書いた可能性もあるけど(笑)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    >当時はこれで何千人・何万人って表現だったのかな

    そうとは思ったけどw 一読で爆笑してしまったので書かせてもらったった

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2-3
    幾千万は最初から「千とも万ともはっきりしない多数」の事ですよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13421-9c30f3bd
この記事へのトラックバック