fc2ブログ

「朝野雑載」より林田内膳(左門)と女幽霊

2022年03月24日 19:05

414 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/03/24(木) 18:15:19.00 ID:Uytfi1gh
「朝野雑載」より林田内膳(左門)と女幽霊

林田内膳は富田清現(勢源)の弟子であり、黒田長政の剣術の師範であった。
(以下今まで出た林田左門関連)
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3278.html
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-8750.html
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-9402.html
しかし長政公に不足を感じ、福岡を立ち退き、細川家を頼って関東に赴こうとしたのが発覚し、激怒した長政により誅殺されることとなった。
そこで怪力の大男(ともに六尺三寸)後藤金右衛門、林仁左衛門の両人に左門をからめとるよう言い渡した。
両人は左門が自室に入ったところに押し入り、外から錠をおろさせ、左門と格闘したが、後藤・林が先に精魂尽き果ててしまった。
左門は「ここでこの二人を殺したところで、自分は外の者たちに捕まるのだから、無益な殺生をするだけだ」と思い正座し、両人に絡め取らせた。
そのとき左門は「ふだんこのような時のために懐中に大楊枝を忍ばせていたのだが、今日は見つからない。
もしあれば両人の命はなかっただろう」と言った。
その後、服を着替える時、どこからかその大楊枝が落ちたということだ。
こうして左門は宝満山の麓で籠居の身となり、外から槍で突き殺されたという。
死ぬ時の様子は不明だが、おそらく天下に名高い兵術の名人のため、世間の評判をはばかって密々に殺したのだろう。
元和六七年の頃であろう。

415 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/03/24(木) 18:18:51.63 ID:Uytfi1gh
さて、左門が誅殺される少し前、長政のお供で江戸から伏見に参着した。
左門は京で用事があったため、伏見にいた親しい友を呼びよせ、饗応し泊まらせた。
丑の刻に障子を開ける者がいたため、友が目覚めて見てみると、十六くらいの美女が左門が寝ている姿をしばらく見つめ、また障子を閉めて帰っていった。
友「左門は一生不犯の誓いを立ててると言っていたのに、歳をとると未練が出てきたとみえる。
邪魔をしては悪いからさっさと帰ろう」
と思い、翌朝、左門にすぐ帰ると告げた。
左門「なぜそう帰るのを急がれるのだ?今夜も泊まったらいいだろう」
友は不審に思いながらも昨夜のことを伝え、今夜はその女と楽しんだらよかろうと言ったところ、
左門は笑って「一生不犯の誓いはまだ守っておる。
あの幽霊は近ごろ深夜になると必ず出るのだ。おそらく我が身がほろぶ前兆であろう。
実は昔、武者修行をしていたおり、ある里にしばらくとどまっていたところ、そこの家の娘で美人で気立の良いものがおった。
わしの男ぶりに執着し、床に入ってきおった。
一生不犯の誓いを立てておるのだ、と言って優しく追い返したのだがわずらわしいため、朝になるとこっそり里を出た。
そうすると昼になって女が追いついてきて、泣きながら袖に縋りついてきた。
そこでわしは言った。
「仕方あるまい、今夜だけそなたのために誓いを破ろう。そなたもそれで満足をしてくれ」
女は道理をわきまえたようで
「仰せの通り、武者修行の先々に参るわけにもいきません。
今宵、どこかで一泊し、わたくしの胸のくもりを晴らしてくだされば、明日必ず里に帰ります」
そして二人で近くの里にむけて歩いたのだが、そっと女を先に行かせて、後ろから抜き打ちに斬り殺したというわけだ。
それ以来その女の顔が常に頭から離れぬ」
この話は、左門が特に親しい友にだけ語っていたという。

筆者(貝原益軒)「左門も、伏見ですでに身の滅びる予兆があったのであれば、身を慎めば命を長らえたであろうに。
それにしてもその女幽霊だが、左門に殺されていながらもなお、左門の運命があやういことを知らせるとは、なんとやさしい心がけではないか」



416 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/03/24(木) 18:51:48.81 ID:79rqJTsI
メンヘラっぽい女性切ったらさすがに後味悪かったのかずっと脳裏にこびりついたと
大楊枝ってのはどのくらいの大きさの楊枝だったんだろか

417 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/03/24(木) 22:44:06.44 ID:jriH98ln
木枯し紋次郎のくらいかも
スポンサーサイト





コメント

  1. 投稿者 | URL | -

    よく見たら元禄六七年になっていた
    元和六七年です、すいません

  2. 人間七七四年 | URL | -

    切っちゃう処が戦国だな。道成寺にはならんかったのか。でも短い時間の縁で不犯で、そこまで女が執着するものかな。

  3. まとめ管理人 | URL | -

    ※1
    直しておきましたー

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    管理人さん、ありがとうございます!

  5. 人間七七四年 | URL | -

    この幽霊本当に知らせに来たのか?もうすぐ自分のもとに来ると思って姿を見せに来たんじゃないのか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13441-b3c6b602
この記事へのトラックバック