fc2ブログ

諸木野弓の事

2022年04月07日 16:03

119 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/04/06(水) 22:39:17.57 ID:CeypfKfb
「勢州軍記」から「諸木野弓の事」という、
織田と北畠具教・具房親子との戦いである大河内城の合戦の一コマ

あるとき信長卿本陣・桂瀬山にて、織田軍の一人が松の大木にもたれながら北畠軍の城中に向かって
「大腹御所(北畠具房、肥満体であったという)の餅食い!」
と嘲ったため、城兵たちは腹を立て「矢で射てしまえ!」と考えた。
その頃、大和秋山家の侍に射手が三人おり、諸木野弥三郎、秋山万助、秋山志摩介、といった。
その中でも諸木野が召し出され、諸木野弥三郎はおそれいりながら大弓に大きな矢をつがえ、射った。
敵味方ともに見物していたところ、矢はあやまたず四、五町(500m前後)を越えて、嘲った者を松の木ごと射抜いた。
信長卿は感心し、その矢を抜いて城中に返還した。
敵味方ともに大いに感悦したということだ。




120 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/04/06(水) 23:55:03.22 ID:Vw+cZHK+
よっぽど細い松の幹だったのか
あるいは作り話か

121 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/04/07(木) 07:07:24.27 ID:YDHzngnu
たぶん射抜いて松の木に突き刺さったのかと

122 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/04/07(木) 07:37:33.95 ID:oTEmwTn/
500mも離れて罵り合いしてたのか?
拡声器もない時代に
松だけに嘘松

123 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/04/07(木) 07:39:37.33 ID:YDHzngnu
ついでに原文では
彼人与松共射貫也(彼の人、松と共に射貫くなり)となってます
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    元より500mなんて正確な数字じゃなかろうけど「アイツこっち見て何か挑発ぽいこと叫んでるな」くらいは雰囲気でわかるんじゃないのかな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    なんか知らんがムカつく気がすることを戦場で叫んでるアホがおるぞ!射っとけ!かもしれない

  3. 人間七七四年 | URL | -

    大腹御所が太っていなければ射られなかったものを

  4. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱりデブはダメだな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    大河内城の端と桂瀬山の端の距離測ったら1.6kmだったわ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13459-10b28948
この記事へのトラックバック