fc2ブログ

本多飛騨守成重は、作左衛門重次の息である

2022年04月10日 16:54

124 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/04/10(日) 14:40:35.76 ID:HpImF3ZA
或る本によると、本多飛騨守成重は、作左衛門重次の息である。童名仙千代。成人して丹下と称した。

父重次が故あって上総国小原荘に籠居した時、成重も出仕を止められた。
関ヶ原御陣の時、御後に陣し、慶長十八年越前国丸岡の城を給わり、(松平)忠直朝臣に属した。

大阪夏の陣、五月七日に、一晩に合戦を始め、真田の陣を打ち破り、自ら敵二騎を斬って落とし、
大勢の敵を追い崩し、彼の部隊は首二百七十三を討ち取り、大手の城門を破って左の脇より大阪城に乗り込み、
ここかしこに火をかけ、首二十八を斬った。
手の者共で討たれたのは五人、疵を被ったのは七人であった。

元和九年、忠直朝臣配流の後に、再び将軍家に召され、慶安四年十二月に卒した。時に六十二歳であったという。

(新東鑑)

有名な本多重次の手紙「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」の「お仙」こと本多成重について。



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    お仙って男だったのか…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    武士としてきっちり仕事して幕臣やって死んだのだから良い人生だったんだろう

  3. 人間七七四年 | URL | -

    三奉行は江戸に入ってからどうにも不遇だった印象

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    仏高力はそうでもないんじゃない?
    所領自体は岩槻2万石+蔵入地1万石だけど亡くなったのも79歳だし。

    後継いだ孫の忠房はあちこちやられて大変だなぁと思うけど

  5.   | URL | -

    天野康景は、例の天領の農民とのいざこざがあったっけ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13462-773580cd
この記事へのトラックバック