毛利元就、酒と餅・いい話

2009年02月15日 00:41

772 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/02/14(土) 15:57:03 ID:2Bv0b7du
酒と言えば毛利元就の逸話に、元就の屋敷には常に酒と餅が用意してあって、
上戸の好きな客が来ると、酒を出して

「酒と言うものは飲むと体を温め心を強くし、また万薬の長ともいいますな。
私は残念ながら嗜みませんが酒とは実に良いものだと思います。」

と褒め、また下戸の客が着たときには餅を出し

「酒は命を縮めるだけの害毒ですよ。酒を嗜まないあなたは実に偉い。」

と褒め上げ、双方それぞれをいい気分いさせた、ってのがあったな。




773 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/14(土) 16:03:20 ID:Rj9L4KUD
細かいが、家臣に振る舞ったんじゃなかったかな

774 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/02/14(土) 16:09:00 ID:2Bv0b7du
>>773
ああそうだった。うろ覚えで書き込むもんじゃないねw
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    一応他家からの使者にもやったって記述を見た気がする

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1347-a8923a0c
この記事へのトラックバック