fc2ブログ

島津中書の死について

2022年05月07日 14:52

471 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/05/06(金) 22:31:17.36 ID:Oy1vWUUb
薩藩旧伝集」から島津中書(島津豊久)の死について

後醍院宗重の供のものの一人が、関ヶ原で宗重に遅れ敵中に包囲された。
そこで島津中書(豊久)が討ち死にし槍玉にあげられたのを見届け、その後しばらくして帰国した。
長命であったため宗重の孫たちの子守りをしていた時分、後醍院屋敷から頭殿の踊りを見ようと川上村に行った。
(原注:今では小山田村で踊りを行っているが昔は川上村で行っていた)
蹴合踊りの時には眼の色を変え、
「中書様がお討死にされ、槍玉に上げられ、猩猩緋の御陣羽織がさっさんに裂けた時はまさにこのようであった。
よく見ておきなさい。そして老夫がこう言ったことを覚えていてください」
と、宗重の孫を抱えて跳ねながら言ったという。
なお慶長六、七年(関ヶ原の翌年、翌々年)の頃、押川強兵衛(公近、浜田経重の娘婿で武勇の持ち主)を三虚空蔵参りの名目で中書様の行方を尋ねさせたが、
三年経っても不明だったため帰国したということだ。



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    豊久なら異世界に行ったよ。首置いてけと元気に跳ね回ってる。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    山口直友が首実検してますが。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    この押川公近は「本藩人物志」には
    関ヶ原から撤退する時に山口直友に助けられたとあるのに首実検を知らなかったのだろうか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    押川公近は200の兵と共に伊吹山に登ったそうなので
    島津義弘本陣で影武者の長寿院盛淳が討死したのを見届けた上で
    残余の兵をまとめて関ヶ原の北に逃げたものの捕らえられたんだろう。
    山口直友が処刑されようとする押川公近の許しを乞いて大小まで与えたぐらいだから
    山口の心情はかなり島津に同情的で
    島津豊久の首実験の話も全くの嘘の可能性がある。
    島津家自体には豊久の死が伝わっておらず行方不明扱いなので。

    というか敵中で一人孤立した後醍院宗重の供ってどうやって生還したんだ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    山口直友が首実検をした話は2019年にあった
    ドリフターズ原画展での展示で知ったので
    知られるようになったのは割と最近かもしれません。
    (第二次世界大戦時の暗号に鹿児島弁の話も
    ありました)
    ドリフターズのおかげで豊久の認知度があがったかも
    その時も2015年の原画展も北海道物産展並みの行列
    ができていたのでドリフターズの凄さを感じた。
    (一部の鹿児島県民にわかる例え)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13504-7203b104
この記事へのトラックバック