FC2ブログ

うっかり記入ミス‘杉原親憲’・悪い話

2009年02月16日 05:38

52 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 21:03:46 ID:rOO8uqVf
水原親憲の話はまとめにあるがオチが無かったんで詳細

大坂夏の陣の後、上杉家の将帥に対して家康が感状を渡す事になった
実はこれ、上杉家の主従の絆に割り込む無礼な行為
正式には景勝に感状と目録を下賜し、景勝から臣下に下賜すべきなのである
これに対して水原は貰った感状をその場で開く事で意趣返しをした
これまた無礼な行為なのである
本多正信を始め咎めようとした者もあったが家康は笑って許した
さらに、水原は主君景勝を無視した内容であったら破り捨てるつもりであったと伝わっている
そして退出後、「子供の石合戦如き戦で感状とは」と言ったのである(『常山紀談』)

で、これだと何が悪い話かわからない
実はこの感状宛だった
読みはどちらも‘すいばら’だから間違えられたのである
将軍から頂いた感状の名前が間違っているなどと言えるはずもなく
しかたなく水原親憲は杉原親憲に改名した
周囲に訪ねられると「ああ、夏の陣に参戦する前に改名したのよ」と言い続けたと言う

家康晩年の(記憶の)悪い話

人の名前って間違うと色々気まずくなるよね




53 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 21:14:39 ID:22qNby3M
昔の書状って当て字が多いって聞くけど
感状はしっかり字があってないとだめだったのかね

71 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/16(月) 01:09:35 ID:AAYkJOJl
>>53
日記や手紙などの私的文書なら、当て字でかまわない。
しかし感状や宛行状などは公式文書なので、字が違うということは
人そのものが違うと看做されかねない。
現代でいえば、土地の登記簿の字が違っている、以上の話です。

このエピソードで言えば、将軍が感状を出したのは杉原親憲という人で、
水原親憲なんて人には感状を出していないよ、となりかねないんですね。

72 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/16(月) 01:59:26 ID:z9gvCkZF
>>52
>「子供の石合戦如き戦で感状とは」
子供の頃解体工事現場で石合戦やったけど怖かった~。
よくけが人がでなかったもんだ。つくづく子供は馬鹿だな。

73 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/16(月) 02:28:33 ID:gS0P5Ryx
なんか砂みたいのを積み上げてるところが近所にあって、
その塊を砕いて、こぶし大にして投げ合ってたな
そしたら石が混じってたらしくて、おれの頭にがっつーんと・・
いや、石合戦危ないよ

74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/16(月) 02:31:58 ID:b5Fmkdi9
>>72
真田信繁の子どもの真田守信は、京で石合戦やって死んでいるってことにして
預かった伊達家は存在を隠しているんだから、石合戦は死人も出る危ない遊びだぞ。

投石部隊は武田家の主力部隊の一つだし。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1355-93981238
この記事へのトラックバック