fc2ブログ

正月元旦に兎の御吸物を召し上がられる事について

2022年07月07日 18:06

286 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/07/07(木) 17:10:07.68 ID:7LyLmL9R
将軍家に於いて、例年正月元旦に兎の御吸物を召し上がられる事について、御先祖である
世良田左京佐有親(得川有親)は上野国徳川(得川)を領され、鎌倉公方である足利左馬頭持氏の
御家人であったのだが、永享年中、足利義教将軍とかの持氏と不和のことあって合戦ありしに(永享の乱)、
左馬頭遂に打ち負けて自害され、その後は皆京都将軍の下知となり、管領上杉憲実は制法政務を厳重に
執り行ったため、威勢日々に盛んになった。

そして鎌倉公方の残党を捜し求めたが、中でも新田の一族においては、根を絶ち葉を枯らすべしとの事故、
有親は得川に安堵なり難く、同十一年(或いは十二年とあり)三月上旬、有親並びにその子息・親氏は
密かに居所を離れ出て、方々に流浪して、忍んで相州藤沢に在る、時宗の清浄寺にて髪を剃り、
有親は長阿弥、親氏は徳阿弥(後に還俗して松平太郎左衛門と称す)と名乗り予てから懇意にしていた
小笠原清宗の三男、林藤助光政という者、信州の山家に蟄居していたので、有親父子は同年十二月下旬、
かの所を尋ねて至った。

藤助は大いに悦び、何か饗応しようと思ったが一物も無く、同月二十九日、自ら雪を分けて狩りを
した所、兎一疋を得たため、翌十三年正月元旦に、この兎を吸物にして進めた。
これより徳川家の吉例となった。

そして同年六月、藤助の許を立ち越え、三州坂井の郷の氏・家を借り、有親は嘉吉二年に死去した。

(新東鑑)

徳川将軍家の正月儀礼についての伝承。徳川の先祖が永享の乱のために三河に流れてきたという話も
あったのですね。



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13591-0c2ccf82
    この記事へのトラックバック