fc2ブログ

城攻めのリアルな実相

2022年09月29日 15:53

420 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/09/28(水) 23:51:02.35 ID:TRfck96B
利家夜話』より
城攻めのリアルな実相
※近江の金が森城(一向宗、加えて佐々木残党がたびたび籠ったとも考えられる、いわゆる村の城)攻め

江州金が森の城を信長公が攻められたとき、村井豊後(長頼)は夢で「時分もいいから必ず左の道に進みなさい」と山伏によって枕元で確かにお告げがあった
目覚めると、日頃から愛宕山を信仰していたからだとありがたく思い、水垢離をして具足を着て利家の陣所に向かったが、いまだ「鳥前」(鶏が鳴く前=夜明け前)のようで、(利家は)「もうちょっと待て」ということだった
そこで小屋に帰って「いねぶり」(居眠り)をしていると、またお告げで「左につけ」とあった
さてまた、信長公の本陣で一番貝が吹かれ、前田勢は城に寄せるとき、左右に道があったがみな右を進んだ
豊後(が属した部隊も)右を進んだが、「いやいやくっきりと愛宕山のお告げがあった」と一人道を引き返し、左の道を進んで堀の「柴折」(逆茂木)に刀をかけた
ふと見ると四、五人の影があり、「敵か味方か」と寄っていくと、「馬にも乗らずにここに来たのは誰だ。私は柴田修理(勝家)の甥の佐久間玄蕃(盛政)である」と名乗った
そのとき豊後が「前田家中の村井又兵衛(のちの豊後守)である」と言うと、玄蕃は「又左衛門(利家)家中で名前は内々聞いている。合戦場で初めて会えてとても喜ばしい。夜明けには逆茂木を切ろう」と申し合わせ、そのうちにあとから味方が寄せてきた
そのとき、豊後と玄蕃は声を掛け合い、逆茂木を切って槍を取って(乗り込み)すぐに首を取った
利家は信長本陣にいて、その首を持っていったところ信長公のお目にかけられた
信長公はまた又兵衛が手柄を立てたと近くにあった吊るし柿5つを手ずから与えたほか、いつもの働きの証であるとして南蛮笠を与えた



422 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/09/30(金) 08:45:18.01 ID:w5gbckYT
>>420
夢枕で左に行った人と鬼才で左に行った人との違いか
これで義兄弟にもなってたら良い話なんだが

423 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/09/30(金) 12:03:12.99 ID:fHVJ/jqd
信長の甘い物好きがw

424 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/09/30(金) 12:23:08.23 ID:v2jg3NyM
近隣の百姓から徴発したんだろ
まあ蚊帳なんてないし虫がたかって中に卵が入ってる柿
吐くわ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    村の城なんかではなく
    本願寺を焼き討ちにしてくれた比叡山延暦寺との抗争の為に蓮如が拠点にした金森御坊を中心に
    惣構を持つ城に拡張整備した由緒あるもんらしいね。
    信長公記によれば9月3日に城の周囲を苅田した上で諸口を塞いで包囲したので
    一向宗は人質を差し出してあっさり開城したとか。
    この後の9月12日に行われるのが比叡山延暦寺の焼き討ちだと思うと何か因縁めいている気がする。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13687-7611fd2d
この記事へのトラックバック