fc2ブログ

近国の野郎の種を断つことが

2022年11月22日 19:14

642 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/11/21(月) 22:56:41.53 ID:kbOd9V3r
戌の年(天正十四年)は天下の御普請があり、国々の大小名が洛中に満ち満ちて伺候した。
その時までに九州は(秀吉に)属しておらず、そのため毛利(輝元)殿を豊前へ渡海するよう
仰せ付けられ、御横目として黒田官兵衛。豊後へは千石越前(秀久)、長宗我部父子が派遣された。

(中略)

右の陣所より四里隔たった宇留津という城があったが、ただしこれも高橋(元種)に従っていた。
この城主は”かく”と申し、都合三千計りで立て籠もっていた。

この”かく”は野郎大将であり、その国の所々の案内をよく存じていた。そして毛利陣のはしばしへ、
毎夜夜討、強盗を隙き無く仕った故に、以ての外に陣中も騒然と成った。

この時、黒田官兵衛殿の分別には
「薩摩よりこの地の悪党ばらが、この城に立て籠もっていると聞いた。これを残らず
討ち果たせば、近国の野郎の種を断つことが出来る。」
そのように主張し、討ち果たすことに議定した。

十一月六日、毛利殿臣下の吉川、小早川、宍戸、この三人に官兵衛殿同道して小舟に乗り、
城廻りを押し回って視察した。この城は海より十間十二、三町も隔たっており、よくよく
見聞に及んでその日の内に各陣屋へ帰り、談合の次第に、その日の夜半の頃より人数を繰り出し、
明日七日の五ツ時分(午前八時頃)、この城を取り巻いた。

大手口は黒田官兵衛の寄せ口であったが、即時に大手より攻め破った。
毛利陣の者たちはこれを見て攻め掛かり、その日の七ツさがり(午後四時過ぎ頃)には、
一人も残らず撫で斬りにして討ち果たし、頸数二千あまりであった。

その頃の首実検は天下様より派遣した横目付が担当するものであったので、官兵衛殿が
これを行うようにとの挨拶があった。しかし官兵衛殿からは「ただ毛利殿が御実検されるように」と
互いに相手に対しての挨拶が果てなく続いた。
結局、毛利殿より官兵衛殿へたっての御断りがあり、これらの頸は黒田官兵衛殿が御実検された。

また、彼らの妻子どもも翌日八日に、千ばかりも浜の方で磔にされた。

川角太閤記

秀吉の九州征伐の序盤、豊前方面の様子。



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    「野郎の種を断つ」って文言を見るとどうしても
    「六尺兄貴とか衆道兵とかそういうのがウジャウジャいて毛利や黒田方の尻をアッー!!してくるのでさせないように去勢する」
    っていう腐り切った想像をしてしまうw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    割とポンポンジェノサイドしてるけど一応人口は増えた時代なんよね戦国時代。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >また、彼らの妻子どもも翌日八日に、千ばかりも浜の方で磔にされた。


    秀次事件の妻妾・幼児斬殺の後始末の話聞くと、近代的倫理観で「なにもそこまで」とひでぇなと思うが
    そもそも秀吉時代ってこの戦国の「血縁始末しておかないと『親の殺しの恨みはらすで』で成長した子が殺しにくるで」って
    縁者は皆々殺しときゃな倫理観と連続してんだよな、
    この倫理観が覆るには戦国から数世代人間が入れ替わる綱吉くらいまでの時代が必要だったんだろうな

    いやそもそも、秀吉から見て、秀次を殺す必要性がないって話は別として

  4. 人間七七四年 | URL | -

    大阪の陣でも見つけ次第殺せるだけ殺してるからな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13735-5f5d40b9
この記事へのトラックバック