fc2ブログ

週間ブログ拍手ランキング【11/23~/29】

2022年11月30日 16:00

11/23~/29のブログ拍手ランキングです!


是式の事は中々不苦候 13

貴所よりは位が上であるのだから 12

玉にもぬける一柳か 10
「豊筑乱記」から戸次川の戦いについて 9
近国の野郎の種を断つことが 6


今週の1位はこちら!是式の事は中々不苦候です!
戸次川の戦いの豊臣側の敗北とそれについての黒田官兵衛の反応ですね。この川角太閤記の、戸次川の戦いの内容として
興味深いのは、最初豊臣勢は島津相手に勝っていたのが、途中で豊後の国人たちが蜂起したために敗れたのだ、という
部分でしょう。一般的には、仙石秀久、長宗我部父子をはじめとした豊臣勢は、鶴ヶ城救援のため無理に渡河を決行し、
そのため島津軍の策略にハマり敗北したとされます。ここではむしろ、予測できなかった不可抗力で敗北したのだ、とも
読める内容で、或いは畿内には、このように伝えられたのかもしれません。
そして黒田官兵衛が、仙石や長宗我部父子、或いは十河勢の敗北を「なんの問題もない」と言い切っているのも
面白いですね。これは結果として官兵衛の言う通りに、畿内より大軍が送られると島津はほぼ一方的に敗北した事から
著された理由でも有るのでしょうが、官兵衛の戦略眼の優秀さを表現してもいますね。
これも色々と読み込める、そんなお話だと思いました。

2位はこちら!貴所よりは位が上であるのだからです!
有名な秀吉の「天下友達」の逸話ですね。この頃の秀吉はまさに絶頂期と言え、それを象徴するお話でも有ると思います。
このお話についての受け取り方は、おそらく2種類あって、一つは秀吉の大気、あるいは洒脱さを顕し、「英雄秀吉」を
彩る逸話の一つだとするもの。そしてもう一つは、晩年の秀吉についてよく言われる、一種のパラノイヤ、誇大妄想の兆候が
この時期既に出ていたのだ、というものだと思います。
個人的に面白いのは、「自分は関白だから頼朝より位が上だ。」と言っている部分ですね。これは頼朝が象徴する
「征夷大将軍」位についての、秀吉の認識も表しているのではないでしょうか。藤原摂関家は、特に室町後期になると、
格的に室町将軍とほぼ同格、と、世間的に認識されていたフシがあります。しかし秀吉によって始まった「武家関白」は、
将軍より偉い、という明確な認識が有り、頼朝との関係性に仮託してそれを世間に表明したのだ、なんてこともふと
考えてしまいました。妄想も含めて、色々と考察できるお話だな、などとも思います。

今週管理人が気になった逸話はこちら!「豊筑乱記」から戸次川の戦いについてです!
こちらも戸次川の戦いについてのお話ですね。しかし何故に、仙石秀久と長曾我部元親を一体化してしまったのか。
歴史モノの創作で、キャラが増え過ぎると管理しきれないから、一人の人物に、史実では他の人物がやったことも仮託する、
という手法がよくありますが、この場合はそういった話でもなく、何というか、ただただ雑という感もあります。
しかしこの「豊筑乱記」、単純にそういった「雑」な軍記というわけではなく、むしろ、大友家についての代表的な
軍記である「大友記」「大友興廃記」をある意味補完するような内容であり、著者、成立年代も不明ながら、
なかなか一筋縄ではいかない書籍でも有るようです。
ちょっと真面目に考察、研究してみたく成る、そんな軍記であり、このお話もただ雑と見るのではなく、何かしらの意図が
有るのではないか、なんて考え過ぎもしてみたくなってみましたw



今週もたくさんの拍手を、各逸話に頂きました。いつも本当にありがとうございます!
また気になった逸話を見つけた時は、そこの拍手ボタンを押しっやって下さいね!
(/・ω・)/
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13742-1c762dc8
    この記事へのトラックバック