fc2ブログ

佐橋甚五郎の事

2022年12月11日 14:09

661 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2022/12/11(日) 00:15:06.60 ID:KFaUSJuD
改正三河後風土記」から森鴎外の短編にもなった「佐橋甚五郎の事」
その頃(「いい話」で紹介した踊りが流行った頃)、松平信康君の近くで召し使っていたものに佐橋甚五郎というものがいた。
いかなる恨みによるものか同役の近臣を討ち果たし、岡崎を逐電して三河の山里に逃れた。
武田勝頼が遠州小山の援兵として十七歳の甘利二郎三郎(甘利信康の息子の甘利信恒だとすると「三郎次郎」)に三百騎を率いさせて遣わした。
甚五郎はこれを聞き「甘利を討ち果たせば帰参もかなうだろう」と思い、つてを頼って甘利に仕えた。
甚五郎は怜悧で笛も上手であったため、甘利は寵愛し、笛を聴きながら甚五郎の膝枕で眠った。
甚五郎は好機だと思い甘利の首を取って浜松に帰参した。
こうして所領を得て御家人になったものの
信康からは「以前同役を討って逐電したものだ」と憎まれ、
神君(家康)も「甘利の寵愛を受けながら寝込みを襲うとは不仁極まりない」とお褒めの言葉もなかった。
こうして甚五郎は心中穏やかではなかったため、再び逐電。
朝鮮に渡り、慶長の末に朝鮮の使節に混じって帰国した。
しかし神君に甚五郎だと見咎められ、一族との文通も禁じられたため朝鮮に帰されたそうだ。

なお「三河後風土記」巻十六「佐橋甚五郎無道之事」では
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3686.html
佐橋甚五郎処分
この話と同様、水野勝成の部下として戦功を立てたが阿部正勝に討たれている
(「三河後風土記」では阿部正勝が真向かいから言葉をかけて放し討ちにしたため、甚五郎も刀を抜き打ち合ったが、
両手を落とされたあとに首を切られた、とまとめの話とは微妙に展開が異なる)



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >しかし神君に甚五郎だと見咎められ、一族との文通も禁じられたため朝鮮に帰されたそうだ。

    これは「徳川大権現神君さすがの洞察力」ってオチなのか?
    森鴎外の「佐橋甚五郎」短編小説だと

    >しかし佐橋家で、根が人形のように育った人参の上品を、非常に多く貯えていることが後に知れて、あれはどうして手に入れたものか、といぶかしがるものがあった。

    なんてオチがあるから、「徳川将軍家の関知できないところで(朝鮮人参で)縁者とつないだGJ」という明治維新後の徳川サゲの価値観が反映されているのかな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1殿
    森鴎外が原典として参照したものは
    「通航一覧」第三巻之八十七(国会図書館デジタルコレクション「通航一覧, 3-4」の一番最初の記事)で「続武家閑話」として引用されている「続武家閑談」の記事のようで
    そこには家康が文通を禁じたことと人参の話もでてきます。
    ただその記事ではおっしゃるように「佐橋甚五郎は悪人」「神君さすがの洞察力」を強調しているようですが、森鴎外の短編ではむしろ佐橋甚五郎に手玉に取られたように描かれているので
    徳川サゲというか、権力者に対していきいきとふるまう個人が強調されている気がします。
    前半の同役殺しの詳細については森鴎外の創作のようですが、それも含めて。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/13751-c10c15a0
この記事へのトラックバック