FC2ブログ

関東の女傑、由良妙印尼・いい話

2009年02月18日 04:47

909 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/17(火) 10:19:35 ID:vjs0PTdm
九州の女傑吉岡妙林尼の逸話がTV放映されましたが、関東の女傑由良妙印尼の逸話

上野国金山城主・由良国繁は成繁の息子で、妙印尼は成繁の妻であった。
成繁の死後、由良家の家督を北条一族の者に継がせようと北条氏政が画策した。
天正12年に北条氏から同盟の話を持ちかけられ、尼の息子である国繁・顕長の兄弟は
厩橋城で行われる茶会に揃って出かけたが、そのまま兄弟を監禁し家を譲るように強要した。

息子の監禁を知った生母妙印尼は、城主不在の金山城に赴き、城兵の指揮をとった。
北条氏は息子2人の返還と引き換えに由良氏の支配する4つの城を明け渡すことを要求して
金山城を包囲したが、妙印尼はそれに屈することなく、自ら具足を身につけ長刀を持ち、
場内の兵たちを激励し、食器に酒肴を詰めてくりだし、由良方を督戦しがら籠城を続けた。
金山城を攻めあぐねた北条軍は、「人質となった息子を磔にする」と脅したが、妙印尼は逆に
北条軍に向かって大筒を撃ち、ひるむ北条軍に向かって兵を出して反撃したという。

結局は北条氏から和睦を申し出、息子の命と引きかえに金山城・館林城を明け渡すも、
桐生城・足利城と2人の息子の命を救うことに成功した。
当時妙印尼は71歳だという。

さらに時は移って、小田原の陣。
由良国繁は北条方に同心して小田原城に籠城した。
しかし、北条氏を憎む妙印尼は国許に残り、貞繁(国繁の嫡男)と繁詮(国繁の弟)以下
300騎を連れて豊臣軍に合流、「孫の後見人」として松井田城攻めに参加するなど
各地を転戦して、北条方を攻撃した。

小田原の陣の後、豊臣秀吉は2度も北条氏に抵抗した妙印尼の功績を称え、
繁詮に三万石を与えた。
一方で尼の助命嘆願を認め、北条方に与した国繁は領地没収に止めたという。翌年、
その国繁も許され、常陸国牛久に5400石余りを与えられた。
この時、妙印尼は77歳。知行朱印状は「妙印尼宛て」だったという。




910 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/17(火) 10:43:25 ID:X3jsr7qd
>>909
すげえ婆さんだなw
婆さんがすごいのか氏政がへたれなのか

939 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/17(火) 17:45:11 ID:FqmpF4K2
>>910
この婆さんの孫が「のぼうの城」でお馴染みの甲斐姫だったりする。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >この婆さんの孫が「のぼうの城」でお馴染みの甲斐姫だったりする。

    へぇー、これは初耳。

  2. 333 | URL | TY.N/4k.

    >へぇー、これは初耳

    忍城攻めに攻めあぐむ三成の援軍に真田昌幸・信繁父子、浅野長政勢が差し向けられて駆けつけ。けれどもあえなく突撃してきた甲斐姫に撃破されちゃった・・・・
    それ以後、三成はとばっちりで女の守る城も落とせなんだ戦下手とレッテルを
    貼られてしまいました(三成への妬みと現場の苦労知らん人のいいかげんな
    うわさが関が原の敗北の一因だろうか?)
    (三成の心境を語らせて貰えるなら「二万以上の大軍にビビルどころか
    突撃してひるませるマジバケモンの女項羽相手にどうせいと・・・・」)
    北条家滅亡後は、蒲生氏郷に預けられそのごは関東一の美女で武勇に優れてるって
    ことに興味を示した秀吉の側室兼ボディーガードになった
    彼女の祖母の妙印尼は
    77歳で10歳の孫(名目上の大将)を補佐して松井田城攻略に尽力し、前田利家より、
    「まことに天晴れな後家である」
    との評価を受ける等の活躍で各地を転戦し、小田原城が陥落した後は前田利家より「すっげえ強いババアがいた」と言う報告をうけていた豊臣秀吉に拝謁して、桐生城と引き換えに北条方に付いていた馬鹿息子二人の助命を嘆願した。
    妙印尼の功績を受けて助命を承諾した豊臣秀吉は、「とりあえずこの強いババアに恩を売っとこう」とでも思ったのか、息子の渡瀬繁詮に横須賀3万5千石の大名とし、また命をながらえた由良国繁は、牛久に5000石を与えた。
    なおこの牛久5000石拝領の際に発行された豊臣秀吉からの朱印状には、
    妙印尼宛
    と由良国繁ではなく妙印尼の名で発行するという空気をよんだ対応をしている。
    リアル無双がホンマにおったっちゅうことですな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1387-a008f790
この記事へのトラックバック