FC2ブログ

突撃!安田の朝御飯・悪い話

2009年02月21日 00:03

197 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 09:23:35 ID:X2Ekou6/
どこかで見た気もするがまとめサイトを探しても
無かったので↓

突撃!安田の朝御飯

大坂の役が終わったある日
直江兼続さんが安田順易さんのお家に行きました
ちょうど朝食時だったので「食事中で・・・」と
すぐに出て行かなかった順易さん

兼続「今朝のおかずはなんですか?」
順易「え・・・蓼と塩」
兼続「メシは塩だけで十分だ!蓼まで必要ないだろう!」
順易「(・・・ほっといてくれよ)」

朝食時に押しかける、迷惑な兼続爺さん話




199 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 11:38:32 ID:40krjqho
>>197
固茹で卵家臣の話
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/?q=%B8%C7%E8%A7%A4%C7%CD%F1%B2%C8%BF%C3%A4%CE%CF%C3
直江と安田は相性が悪かったんでしょうか
順易は能元の会津時代からの名乗りで同一人物ですよね

200 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 11:58:59 ID:PfMJ6j7d

>>199
発掘乙
しかしこういう話を聞くとますます「直江兼続は義と愛の武将」なんてm9(^Д^) ・・・としか思えない・・・

201 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 12:58:02 ID:Ek+bP9Xs
上杉の義も胡散臭いけど、
直江の義は失笑物だよな。

優秀な官僚なのは認めるけど、人格者ではないよね。
それならそれで味がある人物なのに、なぜステレオタイプの聖人君子にしたてあげたがるのか!

202 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 13:01:42 ID:2qL4NgMO
直江に比べれば、まだ三成の方が人格者だろうに。
少なくとも主家に対する忠義と領民への善政を考えれば。
家臣にも慕われていたし。

203 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 14:34:54 ID:t3FiyS9y
>>197
安田さんは中堅官僚だけど、お家は越後毛利の名家だし、
同系列の北条高広は景虎支援しやがったし、
嫌いになる理由はいくつもありそうだな。

204 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 16:24:40 ID:i65EcDQm
>>197
何かもう...何コイツって感じ

205 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 16:52:05 ID:4PYz6iML
自分は>>197の話の
清正と福島バージョンを読んだことがある。

ある日の大坂城殿中にて・・・
清正「おい市松。今日は蓼と塩で飯を食ったがすこぶる美味かったゾ」
正則「蓼と塩だと!?てめぇ、そんな贅沢しやがって!」
みたいな感じ。

きっとこれもテンプレ物なんでしょうな。

206 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 16:59:02 ID:TsOx9xDc
>>205
20年くらい前に俺が見かけたのは蓼じゃなくて白菜バージョンだった

207 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 17:26:55 ID:0xNTlQB4
>206
白菜って日清日露戦争辺りで日本に来たんじゃなかったっけ?うろ覚えで済まんが。

208 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 17:29:54 ID:Ek+bP9Xs
>>207
普及したはそう。
日露戦争で出征していた兵隊さん達が、白菜ウメーってことで帰郷して作り出した。
でも、渡来自体は随分昔かららしい。
ただ栽培に失敗しまくってるだけで。

209 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 17:45:22 ID:GpgcbTRY
>>208
微妙に寒い時期、寒い場所の方が育つけど…霜ついたり凍らせちゃったら傷むんだよな。
冬野菜の栽培手法てかなり蓄積されないと難しかったかも。

210 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 17:53:27 ID:GpgcbTRY
>>201
正義ってより任侠・義侠の「義」だろうからね。
御家や君恩への義理であって、他人(同僚)や敵にはあんまし情が向かないタイプの人なんだろう

……関帝様とかね。義理に篤い、約束を違えないから“商売の神様”になってしまったが
兵や民を慈しむかわり同僚・格上の士大夫には『あいつ蝶ゴーマンでむかつく』といわれてたそうな


211 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 18:29:07 ID:zjmpXIgf
それを引き抜こうってんだから曹操もかなりこらえ性あったってことかね?

212 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 18:36:01 ID:Nz7kz+Pf
蓼食う虫も好き好きって言うぐらいだから蓼ってまずいもんだと思ってたが、高級品だったりしたのか?

213 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 18:41:33 ID:/KNp9/XR
直江が民に悪政を強いたという話は聞かないが同僚からは嫌われまくってるからな。
上条にも「こいつが景勝様のそばにいるせいで…」とか超恨まれてるし。
しかし安田・直江双方と仲の良かったらしい前田慶次は凄いな。

214 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/02/20(金) 18:47:45 ID:rTasqZra
>>212
刺身のツマに乗ってることあるけどな。
食べるもんじゃないと思うよ

215 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 19:06:23 ID:cCkZfDo6
蓼ですら余計な贅沢扱いされるのかよ
本当に米だけで栄養まかなってたんだな

216 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 19:08:37 ID:s7NaiLEP
石田三成と武断派の池田輝政、細川忠興と普通に友人関係を築いていた森忠政も凄いかもしれん。

217 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 20:09:36 ID:/KNp9/XR
ちょっとぐぐってみたが江戸時代ぐらいまでは蓼は唐辛子と並んで
高級香辛料だったという話が出てきた。

218 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/20(金) 20:59:27 ID:K+VEmzvB
>>216
かもしれんじゃなくって、森忠政はノーロープバンジーで生きている時点で凄い人物なのです。

224 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/21(土) 02:46:39 ID:KvsHQxTk
>>217
清正や直江の「蓼なんて贅沢な!」は当時としては普通なのか。

225 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/21(土) 03:07:03 ID:GFmkOuMf
香辛料としてはどんな味だったのかな?今ではまったく食べんね。

226 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/21(土) 03:48:37 ID:NPqfZs2v
毒消しを食べる必要がない程衛生的に高水準なんですよ現代は

228 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/21(土) 08:06:12 ID:9B1ZYY/z
蓼は酢の物で食う事も無くも無い。

233 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/21(土) 11:44:46 ID:qkNvPHeC
>>225
こう、ちょっとビリッと舌に来る感じがして、苦くて辛い。
料亭で鮎とか食べるとたまに蓼を酢で溶いた調味料が出てくる。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1419-a22f96f9
    この記事へのトラックバック