伊達忠宗と政宗の借金・悪い話

2009年02月24日 00:12

307 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/23(月) 19:17:35 ID:sZIhWmjq
あるとき、幕府勘定方より、奥州太守伊達忠宗の所にお手紙着いた

「借金返セ」

忠宗
「え?、ウチは公儀から借金なんてしたことないよ?」

勘定方
「いえいえ、先ほど亡くなったアンタの父上、政宗公が。ほらこんなに。」

        ___
       /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
      /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
    /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
   |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
   \   。≧       三 ==-     
      ゙ヽ, ,__    ,. -ー"ヽヽ

「なんじゃこりゃあ!!!???」

それはそれは莫大な借金だった。もう笑っちゃうほど。
「こ、こんなもの払ったらウチの藩は破産する!」

しかし間違いなく偉大な父、政宗のした借金である。その子である忠宗、意を決した。

「払えませんよこんなもの!ウチの親父が借金してたなんてしらねーですもん!」

支払い拒否の方向で。

こんな親父のわけの分からん借金で藩をむちゃくちゃにされてなるものか。
どうせろくな事に使っちゃいないだろうし。

「だいたい先代の借金なんだから、先代が生きているうちに催促しに来なさいよ!
それしてないのはそっちのミスでしょ!その癖先代が死んでから、いまさら
『親御さんの借金ですよ~』って俺に言われたって、そんな事いわれても困るだけだよ、
俺のした借金じゃないんだから。とにかく、迷惑。こんなもの、払えません!」

と、気合でこの借金を有耶無耶にしてしまったとか。
派手な大物を親に持つのも色々大変だ、というお話。




309 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/23(月) 19:34:52 ID:+901sj92
>>307
そんな言い分で踏み倒せるのかよw

310 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/23(月) 19:39:36 ID:sZIhWmjq
>>309
「あくまで政宗の個人的借金!藩で借りたんじゃないし俺しらね!」で、押し通したらしいw

312 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/02/23(月) 19:47:11 ID:GNTtcPKg
さすが政宗、いったい何のためにそんな金額を借りたのやら。

313 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/23(月) 19:56:51 ID:29f7XcwC
文化財クラッシュ
秀忠・家光招待してパーティーしまくり
グルメ三昧

314 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/23(月) 20:17:37 ID:+rvGLvNP
遊興なんてたかが知れてる、仙台入って金山掘りまくり開発しまくりだから
仙台開発にめちゃくちゃ使ったんじゃ?
と、思ったが伊達じゃわからん

315 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/23(月) 20:19:36 ID:+rvGLvNP
って幕府方からからよww

316 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/23(月) 21:37:38 ID:2CCGavU7
公儀からの借金ってところが、使途「遊興」に真実味を与えてるな・・・w

317 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/23(月) 21:47:42 ID:p6hWrxon
>315-316
……遣欧使節の渡航費とか?

あれ幕府もグルだから

318 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/24(火) 01:13:44 ID:K3DITO7G
>>317
遣欧使節は着払いでスペインに払わせるつもりだったらしいが(もちろん事前連絡なし)
向こうはこんな押しかけ女房みたいな連中に金出してくれたのかね?
滞在費かさむから、さっさとスペイン出てけみたいなこと現地で言われてなかったっけw

319 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/24(火) 01:17:59 ID:e5anlBIX
>>318
まとめブログにそこら辺の話あったような気がするよ~

320 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/24(火) 03:39:46 ID:g93NH5m7
出てけまで記述あったっけ。ってスレチかw

何というか、 なぜ 許されるのか… 納得がいかんw

321 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/02/24(火) 03:56:34 ID:0yNPT8SB
まぁ借金に関する観念が今日日と違った時代だし
徳政令とかがまかり通った世の中かつ
相手の返済能力を勘案した適度な貸し付けで無かったのも事実




参考
伊達政宗と慶長遣欧使節・悪い話
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-522.html
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    一体幾らくらい借りたんだろうか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    案外、遣欧使節を明への貿易船と同じようなノリで出しちゃったのかもw
    あれは冊封体制の影響もあって費用は明側持ちだからなw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    塵芥集・第119条
    「借りたものは返せ。金を例に挙げれば、親の借りた金は、たとえ親が死んだ後でもその子供が返すのは当然である」


    (●Д゜)「当たり前だよな」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1452-cc373068
この記事へのトラックバック