FC2ブログ

結城秀康「得意と不向き」・いい話

2009年03月05日 00:15

488 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/03(火) 23:02:23 ID:RBcCZQ7L
結城秀康が越前を拝領した頃の話である。


北条家の浪人に、関根織部という者がいた。彼は武勇の侍として有名であり、
秀康は彼を家臣として招こうとした。が、

「わたくしはかつて、北条氏直様に従って高野山に登ることが出来ませんでした。
それゆえ私は自分を羞じ、世間から隠れて生きております。
このような私がいったい何の面目があって、再び世に出て、あなた様にお仕えする事が
出来るというのですか?」

たちまち断られた。
だが、それを聞いた秀康はますますこの関根が気に入った。
秀康は、利よりも義を尊ぶ人間が、何よりも好きなのだ。

「関根殿、人というものにはそれぞれ、出来る事と出来ない事がある。
失礼ながら頭を丸めて山に登ることは、あなたには不向きな事だ。

あなたは勇者である。戦場に出て戦功を上げる事、これこそ貴殿が得意とすることであろう。

今、貴殿が世に出て私に仕えるという事、それはあなた一人の利のためではない。
あなたが私の下で得意な所を存分に発揮すること、それはそのまま天下の為の備えとなる。
そう言うことではないのか!?」

そう説得され、関根は深く感じ入り、秀康に仕えると申し上げた。


このような事があり、秀康の士を愛する心が伝わったため、世の、天下の役に立ちたいと望むものは、
知行の多少を気にせず先を争って秀康に仕えようと、越前へと集まった。
毎日のように移り住む者が増え、越前は秀康が入封してそれほども立たない間に、
それまでの疲弊していた雰囲気が一変した、と言うことである。




490 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 01:27:43 ID:SQp6sXEP
>>488
越前を疲弊させたのは30年前の一向一揆と富田長繁、と




ヒャッハー

491 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 03:04:54 ID:fvZM6ZkD
秀康は漢だな。
景勝と気が合うのがなんとなく分かる。

492 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 08:57:12 ID:o9YZg3wR
>>491
景勝がしゃべらないのにどうやって
会話するんだろ・・・秀康

493 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 09:14:10 ID:eWMrgogG
文通と筆談

494 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 10:17:51 ID:X3IAVshc
目と目で通じ合う

495 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 10:57:11 ID:/gKIgBWT
そういう仲になりたいわ

496 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/03/04(水) 11:20:53 ID:oa2zyfWU
竿と穴で通(ry

おっと、細川さんちの庭木の手入れの時間だ、いってくる

497 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 11:51:06 ID:o9YZg3wR
無言意気地なしね

498 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 12:39:52 ID:0DdggJgY
言えないのよ ヒャーッハー♪

499 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 12:41:08 ID:QfEE8JdH
>>496
秀康はともかく景勝は洒落にならんw

503 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 14:02:19 ID:SQp6sXEP
>492
直江山城が翻訳してくれるらしいね

504 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 14:21:09 ID:M5sopcSK
一瞬「殿様といっしょ」が脳裏をよぎった
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1529-8b82eaf9
    この記事へのトラックバック