FC2ブログ

武将じゃないほうの毛利さん「天下一割算指南」・いい話

2009年03月06日 00:19

554 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/05(木) 15:00:23 ID:GjQEsFYc
豊臣秀吉の家臣に、毛利重能という人がいた。

この人、とにかく算術の天才であったが、さらにその才能を磨くべく、秀吉の援助の下
明に算術修行の留学までした。
やがて大阪の陣で豊臣家が滅びると、京に移り住み、算術の道場を開いた。

彼の算術の中でも割り算は特に神がかっているとされ、彼の道場には

「天下一割算指南」

との看板がかかっていたそうだ。

彼の弟子は数百人に及んだと言うが、その中でも特に優秀な、吉田光由、今村知商、高原吉種の
三人は、「毛利の三子」と呼ばれた。そう、中国毛利家のまんまパロディであるw

彼の弟子の流れの中から、やがて関孝和も現れる。
和算の源流を作り上げた、武将じゃないほうの毛利さんのお話。




563 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/05(木) 16:40:58 ID:fdDCKIrX
>>554
ううん、歴史だ
小学校あたりで教えてもいい話だなー
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1532-0b4f6e6a
    この記事へのトラックバック