FC2ブログ

伊達政宗、相馬領を通過・いい話

2009年03月27日 00:26

213 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/26(木) 01:40:44 ID:0Z5Nrkpc
伊達と相馬は天文の大乱以降から険悪になり
江戸時代になってもあまり仲が宜しくなかったが
こんな逸話がある。


関ヶ原の戦いの直前に東軍に付いた伊達政宗
中立の相馬領を通過して帰国しようとした時の事

長年伊達氏と抗争を続けている相馬氏
評定では「ここで政宗を討って積年の恨みを晴らすべきだ」
という声が高まった。

その評定の中に”水谷胤重”なる家臣がいた。
胤重の父は伊達氏との戦いで戦死しており
この時、胤重の胸中も複雑なものであった。

主君・相馬義胤も政宗を討つ方向性で評定をまとめようとした。
その時、沈黙を守っていた胤重が口を開いた。


胤重「方々のご意見よく分かります。私も父を伊達氏との戦いで失いました」
  「しかし、相馬氏は代々騙し討ちのような事はしてまいりませんでした。
   ここで怒りに任せて政宗殿を討つは不義であり、相馬の名を汚すことに
   なります。ここは政宗殿を無事に通過させるべきではありませんか」
  「政宗殿とは戦場で相見えるが武人としての姿勢ではございませんか」


この発言を聞いた家中は静まり返る。
徐に口をあけた義胤は「胤重の案に任せる」と胤重の意見を採用する。


それから数刻後、胤重は伊達家臣・原田宗資と会談。
政宗の領内通過に便宜を図った。


関ヶ原の戦い後、中立(西軍よりの中立)だった相馬氏は改易の憂き目にあうが
その時、政宗は徳川家康に便宜を図ったと言われている。

後年、義胤は政宗に相馬氏改易の折に便宜を図った理由を聞いた。

その時の政宗はこう答えた。


政宗「貴殿の家臣・水谷胤重の恩義に報いただけでございます」




214 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/26(木) 01:53:36 ID:TsSiB3xA
>>213
恩義には恩義で応える・・・日本の良き伝統だね

215 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/03/26(木) 02:30:45 ID:T1rFjJas
珍しくジェントルマンな政宗w

この逸話、相馬領内で一泊したという話もどっかで見た気がする。
ほぼ敵と言っていい土地で泊まるほど困ってたのかどうか。
物凄い千載一遇のチャンスだったと思うが、よく捨てたよな。
その行為が後にちゃんと報われて良かった。




関連
伊達と相馬、累代の敵国
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5237.html
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    せっかくの良い話に台無しなツッコミが。

  2. 人間七七四年 | URL | TY.N/4k.

    まとめさんいつもおつです。
    いつも荒らしやスレチは除いて載せていただいてますがこれは判断が難しいと残されたんでしょうか。
    前後の流れから見て荒らしっぽいというのもありますが、スレ>>1の真贋については別スレというルールに反しているし、何より逸話を全否定というのがせっかく投下してくれた人に気の毒に思えてしまいますのでない方が良かった気もします。
    ともあれ毎日更新ありがとうございます。
    楽しみにしてます。

  3. 人間七七四年 | URL | c8dTRiQ2

    後半のレス入れるならいい話じゃなく悪い話になると思うんだが

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この小林説も、一説であって事実と断定されたものではないはず。つまり、どちらとも確定した話ではないし、新井白石が騙されたという話に至っては根拠がないだろ(可能性があるレベルの話でしかない)。
    削除した方がいいと思うが。

  5. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    すいません。ちょっと判断に迷ったのですが、
    修正いたしました。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    子どもの頃住んでいた町の近所のお寺に「伊達政宗が泊まった」という立て看板があって、てっきり参勤交代の時に泊まったのかと思っていたら、関ヶ原の帰り道だったのかな。30年前の記憶だし、どうなんだろう……
    ちなみに福島県双葉郡浪江町の正西寺。
    ってググッたら、wikikに載ってた。このエピソードそのまま載ってるね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ↑間違えた
    関ヶ原の帰り道じゃなくて関ヶ原の直前

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1697-36653f7f
この記事へのトラックバック