FC2ブログ

臆病者、岩間と武田信玄・いい話

2009年04月13日 00:06

684 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/12(日) 19:43:28 ID:6RKl9Dc7
悪い話にあった岩間の逸話の別ver.

武田信玄の家臣に岩間なる男がいたが、この男だいの臆病者だった。
出陣となると「俺は人を殺したくないー!!!」などとギャアギャア喚くのである。
こんなやつだから岩間の上司は呆れ果てて、信玄に訴えた。

上司「あいつはダメダメです。あんなやつが戦場にいたら、他の兵にも
   影響がでます。放逐しましょう。」
信玄「そんなに臆病か、よしどれほど臆病者か試してみよう。」

そして戸石城攻めの時、嫌がる岩間を馬の鞍に縛り付けて敵勢に放り込んだ。
しかし馬は乗り手の心情を良く察する生き物、岩間の臆病さに触れ、早々に味方の陣まで
引き上げた。

あまりの臆病っぷりに心底呆れた信玄だったが、このとき人使いのプロ信玄は一計を思いつく

戸石城攻めから数日後、信玄は岩間を密かに呼んだ

信玄「お前には今日から家中の隠し目付けを命じる。家臣たちに不審な点あらば、何事も
包み隠さず報告せよ。
   もしも知りながら隠し、わしに報告しない事があったらお前は死罪だ。」

と、言い渡した。臆病者の岩間は死罪にされることを恐れ、
何事も信玄の耳に入れるようにしたため、目付けとして大いに役立ったという。




参考
武田信玄の家臣岩間某・悪い話?
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1807.html
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1814-93216b57
    この記事へのトラックバック