FC2ブログ

裏切りの男・安富源内・悪い話

2009年04月14日 00:03

629 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/13(月) 19:28:58 ID:8yiXKE4h
裏切りの男・安富源内

晩年の大内義隆にはとても可愛がっていた寵童がいた
名は安富源内。この男は超絶イケメンだったらしく
春の花が咲いたように美しいとまで言われてもてはやされていた
やがて義隆が陶に謀叛を起こされ逃げ回る途中に、源内は義隆一行とはぐれてしまった
源内の安否が気になって気になってしょうがない義隆は
自らの状況も忘れて「源内はまだか」「源内はどうした」としつこく聞くありさまだった
しかし結局、源内が義隆一行と合流することはなかった
義隆は「源内はもう討たれてしまったのか。生きるも死ぬも共にしようと契ったのに
先立ってしまったか」と涙をこらえて嘆いたのである

で、その源内はというと…
わざと義隆一行から抜け出したあと、陶方についた内藤家の内藤隆世を頼ってちゃっかり生き延びていた
世の人は源内を主から寵愛を受けた身でありながら
その主を裏切るとはなんたる不忠不義の男と嘲り罵倒したという

※陶隆房の謀叛についてはつっこんではいけない




630 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/13(月) 20:50:38 ID:l/CRcVss
隆房に突っ込むのは左京大夫様のお役目よ

632 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/13(月) 22:21:05 ID:Vw8KUc68
内藤隆世もそう遠からず死ぬ羽目になるはずだが・・
その後は隆春を頼った、とかだったら、うらやましいほど世渡りうまいな

633 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/14(火) 00:16:14 ID:g5DIoJYr
可愛がられたっても、上下関係があれば拒否権なんてないんだろうしな。
出世の糸口とは分かってても逃げたいほど嫌だったんだろう。
考えてみるとあの時代にイケメンに生まれすぎるのも考えものかもな。
戦国に生まれるならデカくてごつくて力持ちに生まれたい。

634 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/14(火) 00:16:51 ID:VUUHsd2E
>>630の突っ込みが的確すぎてワロタ

だが、何故こうも義隆アッー様にはこういうお話しか残っていないのか
…彼だから、とでも言うのだろうか
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1820-4f9bc40c
    この記事へのトラックバック