FC2ブログ

県立熊本高校、校章の由来・いい話

2009年04月15日 00:09

719 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/13(月) 22:52:02 ID:Xvyctx0d
県立熊本高校の校章は、銀杏の葉をかたどった物であり、加藤清正が篭城の飢えを
しのぐために植樹した銀杏が並び、『銀杏城』と呼ばれる熊本城にちなんだものです。
でも、その熊本高校の校旗を支える柄が、あざやかな朱色であるワケを知っているのは
卒業生でも少ないのではないでしょうか?


古来、朱柄の槍は大武辺者のみに許される、名誉の武具であった。
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1776.html
しかし関ヶ原の戦いが過ぎ、世が治まって来ると、かぶき者が伊達装束として
扱うようになった。
これを憂えた徳川家康は、朱柄の槍を持ち歩くことを禁じ、みずからの隠居所として
造っている駿府城の普請場でも目付に巡回させ、厳しく取り締まった。

目付衆が巡回を始めて四~五日経ったある日、細川忠興の持ち場で、朱柄の槍を持ち
革袴を着けた侍が歩いていた。その風貌に目付も気後れして名を聞くに留めたところ、
「細川越中守家中、沢村大学介吉重と申す!」と堂々と名乗った。

その夜、目付衆は沢村の事を家康に報告したが、さすがと言うべきか、大御所は
彼を知っていた。
「その者は、若いころ才八と名乗っていた男だろう。昔、小牧から太閤が退き上げる時、
わしはその退き際を襲った。
その時の殿軍が細川軍だったが、わが軍に一番槍をつけたのが才八であった。
真っ先に進み出て、我らと槍を合わせし様、今もなお目の前にあるかのようじゃ・・・

つまりは沢村のごとき武辺者にこそ、朱槍を持たせるために、半端な者が持つことを
禁じたのだ。放っておけい。」


この沢村大学にちなんだのが、熊本高校の校旗の朱柄です。
ttp://www.kumamoto.bears.ed.jp/_2455/_2461.html




730 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/14(火) 09:55:02 ID:rj5ZIGL9
>>719
ほよよよよよよよwwww

♪砂塵高まく燎原に 聖火点じて立つはこれ 託麻ヶ原の健男児

オレ藤崎台で旗持ちやったけどそんな話しらなんだwwww
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1831-6d0af070
    この記事へのトラックバック