FC2ブログ

晩年の日新斎のちょっと寂しいお話

2009年04月19日 00:05

742 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 01:15:49 ID:Wn67dZPd
島津忠良(日新斎)には嫡男の貴久の他に、忠将と尚久という息子がいた。

次男・忠将は貴久の6つ年下。
異母弟の三男・尚久は貴久より17歳も年下で、貴久の息子・義久より2つ年上。
尚久は義久・義弘とは日新斎のもとで兄弟同然に育ったといわれる。

忠将は薩摩大隅の領内統一戦に於いて、ほぼ全てに参戦し各地を転戦、武功を上げた勇将だった。
貴久を良く補佐し、戦では常に最前線に立ち続け、
初期の戦国島津家を支えたのは武略に優れた忠将だったという。
貴久と忠将の兄弟関係は、後の義久・義弘にも大きく影響を与えていると言って良い。

尚久は日新斎の隠居地・加世田からほど近い鹿籠(現在の枕崎)の地頭になり、
こちらも各地を転戦していた。
鹿籠は坊津を含めた南薩摩の南岸一帯を抑える拠点であり交易や倭寇の統括も
任されていたと伝わる。
尚久は日新斎晩年の子で可愛がられて育ち、一説には成人する頃には
身の丈七尺もあり四尺の大刀を
軽々と振り回す大層なイケメンだったそうな。

そんな貴久の弟二人であるが、肝付兼続や根占氏・伊地知氏との廻城攻防戦(1561年)で一気に
運命が暗転する。
忠将は竹原山にて町田久倍らの味方が未明に肝付勢の急襲されたとの報を受け、救援するため
馬立塁から出陣。
小勢での救援に家臣は本陣を動かないよう忠将を諫めたが聞き入れず出撃したところ、
山中で伏兵の挟撃を受け
後続の味方が駆け付けた時には忠将主従数十人は悉く討ち死にしていたという。享年42。
この後、貴久は肝付勢を一旦退けることには成功したが軍を立て直すために一時撤退。

三州統一に向け順調に邁進していた最中の忠将の若すぎる死は、当然ながら家中に大きな動揺が走る。
殊に忠将に大きな信頼を寄せていた日新斎の嘆きと哀しみは計り知れぬものがあった。

廻城合戦では総大将の貴久を初め、尚久や義久など主だった武将はほぼ参戦していたが、
ここで日新斎は
「……なぜ忠将をすぐに助けに行かなかったのじゃー!!」
と、忠将を失くした怒りと悲しみの矛先を 『尚久の敵前逃亡』 と決めつけ激しく叱責したのだった。

尚久としては救援に向かうも城の南方にあった忠将の陣とは深い谷に阻まれていたため
進軍が遅れたわけだが、父・日新斎の敵前逃亡の謗りに大きなショックを受けた。
「何故オレが…」と思ったであろう尚久、このことを大変気に病んだと言い
翌年(1562年)に病を発し、32歳の若さで急死。
地元の郷土史には衝撃と心外の余りショック死したと伝わる程の顛末と相成ることに。

尚久の家臣・尾辻佐左衛門は、悲憤しつつ亡くなった主人を憐れみながらかねての約束もあり、
殉死すべく日新斎のところへ挨拶に伺ったところ、両刀を取り上げられてしまったので
近くにあった石角で切腹して尚久の後を追ったそうな。

日新斎は1568年に77歳の長寿を全うしたが、忠将・尚久の息子二人に先立たれた悲しみは
非常に深かったという。
晩年の日新斎のちょっと寂しいお話。





745 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 09:27:05 ID:8ENrp2SP
島津一族は鎌倉以来といっても、あまりに支族が増えすぎて
この時代、実力は国人とそれ程変わらなかったのでは。
精々数百人規模の動員力では。運悪ければ大将も逝くでしょう。
貴久は、鉄砲が上手かったとか。

756 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 14:58:37 ID:r2yQH4pG
>>742
そんな尚久さんの同母妹が同じ戦に参加していた義久さんの嫁です・・・
義久から見るとおばさんのはずだが、>>742さんの話からすると年離れてないのかも。

757 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 15:26:17 ID:WnCCQo08
おばさんと結婚したのか?
珍しいな。どういう政略結婚だ

763 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 17:18:25 ID:53fFVnJU
>>757だお。
日新斎じきじきの采配で自分の娘と嫡孫を合体!
一応、総領息子の倅を見込んでやったことらしいが……

770 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 17:45:41 ID:ePeZllAw
>>757
義久の元服後の名乗りは「忠良」だから、日新斎の爺さんは
義久には自分の同名許すくらい相当入れ込んでたらしいね、>>763の言う通り。

771 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 18:54:42 ID:WnCCQo08
同じ名門の武田勝頼なんかは外交道具の姫を娶ったのになぁ
せっかくの姫を身内で使っちゃうってなんか勿体無い気も
後妻は種子島氏の子らしいけどさ

774 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 19:23:38 ID:r2yQH4pG
>>771
せっかくの姫だから目の届くところにおいておきたいのじゃよ

775 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 19:58:51 ID:EflVdIiL
血を集中させる事で特殊性や権威を高める狙い
エジプトみたいに兄弟婚まで行くとアレだが

778 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 21:38:41 ID:WnCCQo08
調べたら義久の後妻もいとこじゃねーか!
悪いほうの家久もいとこだし島津家どーなってんだよ
上代皇室並みの近親婚じゃねーか!

779 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 21:43:28 ID:CI8taEQG
一族の縁を繋ぎ止めるのには結婚が一番ですしおすし
毛利もやってんじゃん
五龍局が生んだ娘二人と吉川元長と毛利輝元がそれぞれ結婚

780 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 21:48:42 ID:WnCCQo08
もしかして意外にポピュラー?
姫って外との結びつきに使うもんだと思い込んでたわ

781 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 22:00:37 ID:3p4zWcSZ
戦後までで武士公家農民問わずもっともポピュラー結婚スタイルが、いとこ婚らしいぞ。

782 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 22:52:18 ID:2JIQDORU
下手に他所と縁戚持つと厄介だしな

783 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 23:04:42 ID:VXYyOkvT
島津の近親婚は同族間の結束を固める意味もあったんじゃないかな。
一族での争いに明け暮れてたわけだし。
でも久保が死んだからって弟の家久(悪)に嫁がされる亀寿は…

784 名前:匿名希望武将さん[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 23:45:50 ID:7ifaFiXZ
>>782
滅ぼすチャンスではありませんか?



784 名前:匿名希望武将さん[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 23:45:50 ID:7ifaFiXZ
>>782
滅ぼすチャンスではありませんか?

785 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 00:08:36 ID:Dudfa+Bi
U喜多さんあらわる

786 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 00:15:55 ID:6lm44Mnt
S玄公「何、妹の嫁ぎ先? そんなの関係ねえ」
S玄公「何、息子の嫁の実家? そんなn(ry

787 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 00:44:55 ID:DiZwEyhZ
日新斎の別の娘は肝付家に嫁いでるよ。
しかも権力握った嫁ぎ先を島津に吸収させてる。

788 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 01:05:06 ID:D+JQ/QTQ
>S玄公「何、妹の嫁ぎ先? そんなの関係ねえ」
忠興「いやあ」
忠恒「まったく」
義光「同感ですな。」

789 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 01:06:06 ID:BXAtYlJe
>>788
義光さん、心配そうにソワソワしながら言われても……。

790 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 01:07:16 ID:Dudfa+Bi
>>788
>義光
妹に叱られて戦をやめちゃうような人に言われてもw

791 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 01:12:12 ID:pSyMYG4X
>>779
>五龍局が生んだ娘二人と吉川元長と毛利輝元がそれぞれ結婚

元長は早世
TERU元はご存じの通り

実はこの結婚悪い話だったのか?

792 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 01:18:54 ID:/7pK8ML5
義光「オレはいざとなれば、妹なんか関係ない非情な男だぜ!?」

793 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 01:39:12 ID:2alRbgEa
>>791
>TERU元はご存じの通り
でも決して正室がないがしろにされていたわけじゃないぞ
側室との間に生まれた秀就のことは南の方もかわいがってたみたいだし
墓所は輝元と南の方でセットになってるし

796 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 04:53:30 ID:zYPXjnCR
>>792
義光さん、それ妹さんの耳に入るとマズイのでは……?。


799 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 11:40:49 ID:pSyMYG4X
>>793
       ____
     / TERU \
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   そうだお!
  |     |r┬-|     |   南の「うちの嫁さんは婆で立つ物も(ry」といったDQNとは違うんだお!
  \      `ー'´     /

こうですかよく分かり(ry

801 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 13:11:45 ID:K1a1USVI
>>788
そう言えば忠恒の妹は誅殺した伊集院忠真の嫁だったなw
しかも事件の後に島津尚久の孫の久元に無理やり嫁がせてる鬼畜ww

久元は既に4人も子どもいて夫婦仲睦まじかったのに
わざわざ離婚させてまであてがうという無茶をやらかす忠恒さん半端ないw

802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 13:44:14 ID:Ugc9IrAy
イトコ婚というと尼子晴久(経久嫡孫)もそうだな
尼子国久(経久次男)の娘と結婚している

その妻が病死後
国久・誠久親子を粛清(新宮党事件)


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | kyBjvhlc

    コメント見てると
    「尚久をなじって後悔する忠良の悪い話」
    じゃなくて
    「近場でしか嫁を捜さない島津家の悪い話」
    みたいだw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1865-ff89da37
この記事へのトラックバック