FC2ブログ

東郷元帥と新納忠元・いい話

2009年04月24日 00:12

971 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/23(木) 01:22:27 ID:hpXmumdS
明治時代の話なんだけど戦国武将にも由来するお話

東郷平八郎が元帥に任じられた当初のこと。
鹿児島から、各地の史跡の碑銘に対する揮毫の依頼があった。

故郷の者からの依頼、ということなので快く引き受けたが
とある碑銘のところで、ピタリと筆が止んでしまった。

依頼をした村の者が横から伺ったところ、
『関白陣跡』の四文字を見てムッと難しい表情をしていた。
この4文字がまずいと悟った村の者が慌てて『新納忠元公記念碑』と改めて依頼したところ
快く筆を走らせたとの事。

時代が変わっても薩摩の人にとってはラスボスより親指武蔵さんの方が
尊敬されてたんだね。というお話。

ちなみに東郷元帥は西郷さんの推薦でイギリスに留学したが
留学中に西南戦争が起こり、帰国前に終結してしまった。

長州閥に「参加できなかったのが残念だったのではないか?」と揶揄されると
「いや、全く残念だ。かなうことならば自分もイギリスから駆けつけて西郷先生の
お手伝いをしたかったものを」
と半ば本気で悔しがって周りのものを倉皇とさせたとか。
この辺は纏めサイトでも紹介されている
「オマエなんか義久様からGOサイン出ればいつでも殺ってやんよ」
発言を彷彿とさせます。





975 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/23(木) 11:14:11 ID:GOateFOI
>971
井伊の万千代さんといい、アミバ様より前に取り上げられる新納さんといい……(´Д`;)

野戦に強い大名んところの侍大将って気力だけで人を頃せるんじゃね?
んで全盛時のラスボスはそいつらの殺気を跳ね返すオーラがゴゴゴ・・・とかドドド・・・とか溢れてんの


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1901-0163a080
    この記事へのトラックバック