FC2ブログ

転封後の本多正純・悪い話

2009年04月25日 00:07

947 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/24(金) 21:41:24 ID:VA1h2ZHe
転封後の本多正純の話

転封は正純が山形で最上改易の処理をしていた際、電撃的に告知された
すでに鳥居忠政や佐竹義宣らが幕命を受け、軍勢を展開している
正純は身辺の家臣とともに、おとなしく転地の由利本城へ向かった

しかし、正純が到着した翌日、佐竹軍が本多家の居城となるべき本城城を破却
二十日後には、佐竹家重臣の梅津政景より、「今後は一切お付き合いしません」と通告される
翌月には、正純の荷物が佐竹領を通ったら差し押さえろ、とのお達しが幕府より下る
追い詰められた正純は由利の受領を拒否
結果、佐竹家の横手城へお預けとなり、知行は1000石とされる
しかも、佐竹家には百姓といえど正純の知行地と交流させるな、と命じられていた
二年後、正純に番がつけられ、幽閉が強化される
四年後、ともにお預けされていた嫡男・正勝が死去する
十一年後、幽閉のまま正純も死去する

政争に敗れるとはこういうことだった、というお話






スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    政争に敗れ、大名の身分を失った正純は、某伊豆守が大名として生き残ったことについて、どう思ったのだろうか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    エグい話だな。
    権力世界とはこういうものなんだな…

  3. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    宇都宮城改修に使う木材供給地候補として、木材資源に恵まれた沼田が考えられなくない。
    その頃の正純は、幕府への影響力が衰えていて、土井利勝派に鞍替えする機会を探っていた某伊豆守が、釣天井事件をでっち上げて幕府にチクったかもよ。
    あの転封を関ヶ原の恨みと言うなら、上田だけでなく沼田も召し上げた後、松代を与えたはず。
    某伊豆守が転封の際、松代に持ち込んだ20万両の出所は、正純に売った木材の代金の一部だったりして。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1911-af012529
この記事へのトラックバック