FC2ブログ

三成の機転が利きすぎる話

2009年04月30日 00:19

74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/29(水) 10:44:55 ID:kXn74eZv
んじゃ、素直に三成の機転が利きすぎる話二連発。

◎ワーカホリック

京の町を台風が通り過ぎた翌朝、普請奉行は被害状況を調べ上げ、秀吉に報告した。
報告書を読み終わった秀吉は、不満そうな顔をして、言った。

「・・・治部少輔の報告の方がくわしいのう・・・・・・」

普請奉行でもなんでもない三成が、台風が吹き荒れる夜のうちに自分の足で被害を
確認して、秀吉の起床の直後に報告していたのだ。

三成はたびたびこうして職分を超えて専門職より先に動いたため、秀吉の奉行衆は
大いに迷惑したという。

75 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/29(水) 10:46:48 ID:kXn74eZv
◎徳川秀家

家康の三男・長丸が成長し、元服を迎えることになった。

秀吉「いや、めでたい!元服の後は、秀吉の『秀』と家康の『家』をとって、『 秀家 』と
名乗るがよかろう!」
家康(・・・『秀家』ってすでに有名人がいるのに、いいのか・・・?)

そう、関白殿下は我らが泳いで参った人の事を忘れていたのである。
そして、この話をどこからか聞きつけた石田三成が、家康に声をかけた。

「私に金二百枚預けていただければ、宇喜多中納言に交渉して、『秀家』の名乗りを
譲ってもらいましょう。」
「まあ、関白殿下と息子のためなら金の二百や三百、惜しくないけど・・・」
「じゃあ、吉日を選んで中納言の所へ行って来ますね。」

話を聞いた宇喜多秀家は言った。
「我が名を金子で売ったなどと言われるのは、武士の恥である。大恩ある関白殿下の
お頼みならば、つつしんで譲ったものを石田よ、余計なマネをしてくれる・・・!」

秀家は機嫌をそこね、三成と不和になった。
結局、長丸は『秀』の字と、家康の父の名であり、三河衆伝統の名である『忠』をとり、
『 秀忠 』と名乗ることになった。




76 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/29(水) 11:57:03 ID:8HRorRkz
>74-75アガトウ
後ろの逸話は漏れ知らんかっとんてんちんとんしゃん

ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-419.html
前エピのダイジェスト、まとめにございましたぞー <石田治部的に

77 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/29(水) 11:59:21 ID:kXn74eZv
わぁ失礼いたした・・・

78 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/29(水) 12:11:13 ID:FHUrvknd
>>76
SET乙

79 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/29(水) 13:14:21 ID:YctET10G
>>74
普通の人なら思いきり死亡フラグ立ってるところじゃないかw

80 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/04/29(水) 13:24:00 ID:5gVIYWP6
結城秀康「やれやれ、秀家でよかった。」

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    後者は『武功雑記』で見た覚えがあります。
    たしかそのあとに「…っていう話があるけど、考証するとそんなわけないよね。
    家康から字をもらうなら「家」じゃなくて松平伝来の「康」だろjk」
    といった内容のツッコミがあった気が…。
    違ったらごめん(´・ω・`)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    後者は『武功雑記』で見た覚えがあります。
    たしかそのあとに「…っていう話があるけど、考証するとそんなわけないよね。
    家康から字をもらうなら「家」じゃなくて松平伝来の「康」だろjk」
    といった内容のツッコミがあった気が…。
    違ったらごめん(´・ω・`)

  3. 人間七七四年 | URL | kyBjvhlc

    二重投稿ですね。
    つまり鬼武蔵がこの記事のコメント欄をばっさり切り落としに来ると言うことですね。
    こうですかわかりま(ry

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1947-d59d574f
この記事へのトラックバック