加藤嘉明と細川忠興、赤坂表にて・悪い話?

2009年05月16日 00:05

448 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/15(金) 10:20:35 ID:ZA4zSfkI
関ヶ原の折のこと。

細川忠興が人数を押し出す。
この時忠興の出で立ちは
忠興02
http://blog-imgs-31.fc2.com/i/i/w/iiwarui/20081126001037.jpg
これに銀のくり半月の指物。
ttp://www.aduchimomoyama.com/sasimono109.jpg
こんなの。

その忠興に続いて、加藤嘉明の勢が現れる。
嘉明の出で立ちは
鎧09
http://blog-imgs-31.fc2.com/i/i/w/iiwarui/20090112000714.jpg

これ。

両人は日ごろから親しくしていたので、お互いに言葉を交わした。
嘉明が忠興の兜を見て

「今日集まった軍勢の中で、武者振りと言う言葉は忠興殿一人の為だけに
あるようですな。その指物も見事。きっと何か意味のあるものなのでしょう。」

これに忠興
「ええ、これは武蔵野に月の出でたのをイメージしたものなのです。
ところで私から見れば、今日の武者振りの良さは、貴殿に極るように見えますよ?
富士山の頂が少し低いのが残念ではありますが、しかしそれに続く山はありません。」

このように互いを褒めあい、それぞれ、自分の陣へと別れていった。

さて嘉明、関ヶ原の自分の陣に到着すると、直ちにありふれた、粗末な甲冑に着替えた。
そして左右の者たちに

「こういう大人数の戦では、敵味方がはっきりわからなくなり、紛れ込んだ敵の為
大将が犬死にする事が間々あるものなのだ。そういう紛れ込んだ曲者に、大将が誰か
わからぬようにするのも又大切な事なのだぞ?」

と、囁くように言ったとのこと。


そうすると忠興の出で立ちを褒めたのも、色々裏があるような気がしてくる。
そんなお話。





449 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/15(金) 10:26:44 ID:3NctvlHd
影武者「ハハハ、馬鹿め、そっちは本物だw!」

450 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/15(金) 11:07:33 ID:l4kIcxTt
>>449
慶次乙

451 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/15(金) 16:46:20 ID:PKI1fIbo
西軍の侍大将に「また鯉を取ってきてくれぬか」とか言われた時の用心なわけね。

>448地味様乙
加藤嘉明ってほんま堅実な実務肌の大将だよ。


452 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/15(金) 17:40:53 ID:bvx81eBx
加藤嘉明の兜がイカに見えるのはオレだけ?

453 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/15(金) 17:53:39 ID:7kwen4ng
俺も思った。

454 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/15(金) 19:42:30 ID:aPbw108A
変わり兜見ると、ロックマンを連想してしまうんだ

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>451
    戦国風雲録SAKON乙。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2045-2f020e0c
この記事へのトラックバック